リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2023年1月17日 (火)

生きていれば、いつかは遭遇する。リマインド1月17日。

I7_map

ソース

28年。

ついこの間のようで、膨大な時間が過ぎている。「1月17日だから何なの」という人も少なくない。「目の当たりにしたインパクト」と「知識としての過去の出来事」では印象が違う。

「その時」が来るまで何度も書くが、日本列島は南海トラフのざっくり50年前から地震が頻発する。日本列島にしわが寄って、そのしわ寄せが反発するのが南海トラフだが、「しわが出来る」段階でも地震が起きる。それが内陸直下型のこいつらで、すなわち「次の南海トラフ」へ向かう「地震の時代」の幕開けがこれと言える。しからば、次の南海トラフは2050年までには来るであろうと言えるし、その間はこの手の直下型が各地で起こる。

2_20230117230601

ソース

それは南海トラフでがっつりやられる名古屋も例外ではないのだが、名古屋近辺は困ったことに断層の位置が特定される前に都市が積み上がってしまった。

Photo_20230117230801

ソース

3_20230117231001

(同)

鈴鹿山脈、設楽山地などに比べて名古屋近郊だけ断層が少ない……わけがないのだ。「どうなってるかワカラン」のである。なお、北の方に見える「根尾谷断層」が濃尾地震(1891)の震源、蒲郡の近くに見える深溝(ふこうず)断層が三河地震(1945)の震源である。両者を結ぶ直線上に位置する名古屋が何も無いわけないのだ。

南海トラフが注目されるが、その結果、その前に起こる都市直下型が忘れられているように感じる。そしてこれまた何度も書くが、名古屋人は「震度5以上」の地震をほぼ知らぬ。兵庫県南部地震と同じもの食らえばパニックで身動きできないこと必定である。震度6弱以上で恐怖に打ち勝つには訓練して身体に覚え込ませるより他ない。だのに名古屋人の何と「のほほん」としていることか。

 

人は揺れに翻弄されて何も出来ない。数多の御霊に同じ過ちを繰り返さぬと誓って。

 

2022年12月 7日 (水)

東南海地震の日なんだよ

1944年(昭和19年)12月7日午後1時36分。

Tounankai1944

南海トラフ地震が戦時下の東海地方を襲った。当時の震度階級は「6」が最大であったが、後の調査で愛知県西尾市など「7」相当の地域もあったと言われる。

木曜午後でちょうど義父は尋常小学校からの帰宅途中だったという。前にも書いたが再掲する。

・学校から帰宅途中であった(午後1時36分)
・家がギシギシと揺れ、土煙が立つのが見えた

友人宅が倒壊被害を受け、友人知人で釘類持ち寄って再建の手助けをしたそうである。

さてこの地震では「前兆」と思われる現象が科学的に記録されている。大地震があるていど一定の間隔で起きていることを見いだし、関東大地震を警告した今村明恒のチームが地震が起きたその時、掛川で測量をしていたのである。

1944imamura

「同じ場所を2回測っているのに誤差が大きすぎる。最終的には水準儀をセットできなくなり、苦戦しているうちに地震が起きた」

大きな震動が生じる前にズルズル動き出す……「プレスリップ」と称し、70年余を経た現在もこれが「直前予知」の最終手段であったりする。

地震計を張り巡らし、GPSでリアルタイムに見ているが、捉えようとしているのは結局それにすぎないのだ。

携帯に飛んでくるうぃーうぃーは「起きたぞ」である。比してこちらは「10分程度」の余裕をくれるだろうか。学者と大臣集めて注意情報?警戒宣言?そんな悠長な時間あらすか。

南海トラフ10分前。命を守りその後の火事や津波から生き延びる手段を選び実行することが出来るか?

2022年12月 3日 (土)

笹子トンネル事故10年に寄せて

20221203-222517

八王子住まいにとって笹子は「庭先」で年に数回通るところであったから、「遭遇確率」は高かったわけだ。この事故の教訓は、

「点検はチェックマークを付ける仕事ではない」

ハンマーでカンカン叩く検査の絵をよく見ると思うが、あれは「打音検査」と言って、構造体が一体であれば、叩いたエネルギは全て「一体である場合の共振周波数」に変換されて鋭い音になる。逆に外れていたり亀裂があると、そこで生じる「こすれ」にエネルギを奪われて鋭い音にならない。この差から異常を検出する方法を言う。同じ原理は電気回路でも使われていて、パルスを流してその反応を見る。TDRとかバウンダリスキャンとか言う。

家庭で考えられるのは耐震つっぱり棒とか洗濯機の固定などである。振動や温度による伸縮で「締め」た部分は緩んで行く。

事故からの気づきや教訓で命が救われるなら、不幸にして亡くなった方もせめて報われるというもの。

ゼロ災で行こう、よし。

2022年11月27日 (日)

だから不意打ちが怖いんだってば

Img01 Photo_20221127190901

座ってるところの底が抜けて下に落ちるって奴な

「シミュレーションを繰り返した」って番組サイドの説明がよく分からないが。

「落ちる」と分かってて落とされるのと、不意に落とされるのでは身体の反応が違うのだよ。

1.5mと言ったって、足から落ちるのに比べて腰から落ちる方が危険なのは言うまでもない。座ってる姿勢から落ちるまでの0.55秒の間に対応できるか?それこそ柔道の受け身練習のように身体に覚えがないと不可能だろう。

また、人はびっくりすると「目の前の危険」を避けようと身体を動かす。目の前に集中するので周りの危険が視界から外れる。結果、危険を避けようと反射的に動いて別のところにぶつかったりするのだ。そこまで考えてこそ「安全」であろう。

快癒を祈念する。

2022年11月14日 (月)

緊急地震速報が出たり出なかったりの話

その1

Fhgrl3bviaa2kpd

これ、何か通知を入れてる人は「揺れ始めてから」届いたんじゃないのかね。ゆーらゆーらと船に乗ってるように長く揺れたと思います。

え?名古屋?何にも。

Fhgt6caeaa3dyx

このイラストの通りで、関東乗っけてる「太平洋プレート」が日本列島の下に潜り込んだ遙か彼方で起きた地震。なので真上よりはプレートの中を伝わるわけ。深いところで起きるので「深発地震」といい、震源から遠く離れたところが揺れるので「異常震域」を伴う。プレートの先端がマントルに達して、後から推してくるプレートに潰されて座屈するからとか、高温で溶けてちぎれて落ちるからとか、いろいろ仮説はあるが何せ見に行く事ができないので確かめようがない。時々バカでかい奴が起きて、数千キロレベル離れた場所でも揺れを感じたりする。なお、このタイプだと、海底に地震計並べたレベルでは震源の特定が難しく、「緊急地震速報」出ないことがあるので注意。いや注意できないけど。

その2

Fhhx9fzucaexssc

今度は能登。「震度5弱以上」と予測されたのでテレビのぴろんぴろ~んが出たが、結果震度4。ぴろんぴろ~んを流すかどうかは、地震計が拾ったわずかなデータで予測するので、微妙な奴だと外れることもある。ちなみに逆に11月9日茨城県南部の地震は最大震度が「5強」だったが、逆に「そこまで大きくならない」という見立てからぴろんぴろ~んにならなかった。

Photo_20221114231001

以上、緊急地震速報が「外す」パターン3つの話。

2022年11月10日 (木)

しわ寄せ

Photo_20221110191001

記事本体

いかんでしょこれ。

とりわけ運輸・ロジスティクス……トラックやバスの運転士さんに過労を主因子とする疾患が多いのは周知の通りである。図を一つ引用する。

20221110110754

諸悪の根源は├∃夕が始めた「ジャストインタイム」であることは論を俟たないであろう(あーあ書いちゃった)。在庫は持たない、作るタイミングで届けてくれ……わんこそばみたいなモノだ。都度都度輸送になるし、「遅れ」は許されないから早めに着いて待つしかない。工場は普通「朝」から始まりますわね。朝に荷物を届けるためにはいつ走りますか?ちなみにこれやると製造現場に在庫がないので、昨今顕著な材料不足などが発生すると途端に製造不能に陥る。多リスクで只管忙しいだけで誰も得しない。でも、誰もやめようとしない。

「工場は『作る』以外にリソースを割きたくない。使用待ちの部品や出荷待ちの製品在庫を置くためにスペースを割くなど無駄だ」

分かるがそのために命削られる事態に繋がるのは放置していて良いのか。

「トラックは『運ぶ』以外にリソースを割きたくない。時間待ちや積み下ろし作業とその準備片付けなど無駄だ」

なぜここを考えないのか。

電子回路のコンデンサという奴は、その後ろで使用する電流の増減に備えてある程度蓄電しておくために使う。その電子回路を作る部品をためておく場所は作るなという。要するに理に叶っていないのである。

届いてから作るか、届いたところから作る、順序は問わない、みたいなブレイクスルーが必要であろう。長距離の大量輸送は鉄道にシフトするのも大いに推奨されるべきだ。1200tからの荷物を機関士ひとりで動かすことができる。日本の鉄道だから定時性は高い。もちろん、同じ地域で異業種相乗りする手もあるだろう。部品メーカと完成品メーカを近接させ、その間の輸送を削減することも有効だろう。

「届ける」だけで人が死ぬ目にあうとかやってられない。

2022年10月 6日 (木)

子供の行動力

また、お子さんが一人で行動しているうちに亡くなる事案が起きてしまった。同じ親の端くれとしていたたまれない。

「見てたの?」と問う声がある「見てたのに」「まさか」という嘆きがある。

A_20221006222901

自分が「一度走った場所は覚え、つなぎ合わせてマッピングできる」要するに↑コレと同じ能力がある特異な子供であることは前に書いた。少なからず男の子はある程度この能力を持つ。男性得意と言われる客観視・空間把握力のたまものである。

Photo_20221006223201

国土地理院の地図をキャプチャした上に加工。あくどい)

さてこれは小学校一年生のボクチャンの当時の行動範囲がどの程度だったか確認したものである。小学校は画面下武蔵野線の線路沿いにある。越谷の駅に出入りする東武電車を眺めに行ったし、4号線バイパス沿いのドブ川で友達とザリガニやライギョを探した。

1km位の距離サクッと動き回れるのだ。今回の事案や、先のキャンプ場の遭難も「小さな子が一人でそんな遠くへ」と驚く声を聞いたが、小学1年生で1kmなんざ全然遠くないのだ。自転車で5分もありゃ1kmである。そしてそれは逆に、一旦見失うと、一旦迷子になると、捜索すべき範囲が広大になることを示唆する。

「行ったことのないあそこへ行ってみよう」

は、子供心に誰もが抱く冒険心である。この地図下方(南方)へ更に1km進むと、新越谷の隣の駅「蒲生」(がもう)がある。そこまで行ったり、越谷貨物ターミナルの「端っこ」を見てみようと、現在のレイクタウンのあたりまで行ったことがある。「親の目の届く範囲で」正直、ムリであろう。飛び回る子なのか、応じて空間把握力があるのか、行ったきりの鉄砲玉なのか、幼い頃からの遊びを通じて確認しておき、適切な躾や、迷ったときの目印を教える(線路に沿って歩け)、連絡先の分かる物を常時携帯、などの措置が必要、とこうなる。

そして犯罪者は引きも切らない。

「怖い人さらいがいるから、ゼッタイにひとりぼっちはだめ」

抑止力の高い言葉はこれくらいか。

せめて安らかな眠りを。そしてこれ以上、同じ事案が起きませぬよう。

2022年9月28日 (水)

だから車間距離と速度だろうが

Photo_20220928191501

東名高速で愛知県内2件、静岡県内1件の事故が発生し3人が死亡。

ガスボンベドカンの方はその運転手が逮捕されるという。

これらの事故で解せんのは、朝5時台にトラック同士が衝突していること(愛知)、高速道路で人が車道に出ていること(静岡)。

速度は?車間距離は?高速道路でトラブったときにとるべき対応の基本は?

深夜~早朝の東名というのは物流のラッシュアワーである。深夜ならスカスカだろうと利用すると取り囲まれるレベルである。ジャストインタイムとかいう愚策のせいで(ここはトヨタを擁護しない)、朝一荷受け場に着くために深夜疾走するわけだ。高速道路料金が安いというのもあるだろうが。

ただ、こんな風に事故現場突っ込んじゃうほど詰め詰めキチキチになるとは思われない。

効率やコストを優先すると生産性に寄与しない「安全」が削られて行く。

Photo_20220928224601

ご安全に。

 

2022年9月20日 (火)

風情のかけらも無い季節の変わり目

20220920051231_0_z__c_010000_20220920030

温帯低気圧って奴は、南から北へ向かう空気と、北から南へ向かう空気が混ざり合う現象なんでやんすよ。従って「台風が温帯低気圧になって去った」ということは、北からの空気が入り込むことを意味する。従って。

Temp

気温がゴンゴン下がって。

Photo_20220920185601

もういきなり秋本番。平安の昔にここまで極端に変化したか知らんが、台風の古名「野分」は、季節・空気を分けるというニュアンスも含むのではないだろうか。

これまでの「最低気温」がこれからの「最高気温」に変わる。

風邪引くなよ~。少し大げさ気味にお布団や服装をコントロール。

2022年9月18日 (日)

暴風大雨高波竜巻地震津波

Fc7jyckaeael8ql

鹿児島に上陸した。

一方で雨風の影響は北東に位置する宮崎県が強いようだ。

Level5

Fd03b1d64abc4fb4967fbe2ec4055148

宮崎空港海っぱりとはいえ風速27m/sとか背筋が凍る。

一方台湾ではM7クラスの直下型地震が発生し、似た規模の兵庫県南部地震のような有様になっている。一時津波注意報が出たが、台湾本土震源ということもありそれは杞憂に終わった。

Tornade

牧之原では竜巻。東京都心や埼玉越谷で冠水。

202214t

台風は離れていても気流を乱し暖湿流を送り込み、応じた極端で大規模な気象現象を惹起する。

Fc7e0gnamaelmk

さて視点をわが町名古屋に移そうか。

より以前の記事一覧

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック