リンク

  • 創作物語の館@ココログ出張所
    別途お話を書いています。携帯端末で気軽に読めそうな短いのと、携帯端末でどうにか読めそうなデータ量に小刻みに切り分けた長いのと。 メインはファンタジー、冒険、命を守る。先端科学、魔法、超能力、妖精さん、てんこ盛り、暇つぶしにでも覗いてやって。50作少々あるので。
  • 竹谷内医院カイロプラクティックセンター
    ヘルニアや座骨神経痛と闘うあなたに。ここが私の安心サポート。 (カイロプラクティックまとめ記事はこちら
  • 朋和カイロホームページ
    名古屋におけるオレのケツ腰の守護神。JAC認定カイロプラクティック。さあアナタもLet’sバキボキ
  • ポケモンGOの記録@Sunop2000
    日々のポケ活記録(但し毎日更新するとは限らない)

ついったー

  • ついったー(暫定運用)

天気予報です

  • ウェザーニュース

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

2021年10月11日 (月)

寒冷前線が攻めて来るぞい

20211011110101_0_z__c_010000_20211011090

こういう天気図で。

Photo_20211011221001

こんな予報。

要は「一気に秋めく」のですよ。あまりに急激なので服装や体調が追いつかないリスクがある。

お出かけ前に、帰宅時間の、そして寝る前に翌朝の、気温をこまめに確認して、調節してください。

「温暖化」はこのように「極端な変化」が多くなります。

2021年10月10日 (日)

10月7日22時41分頃の千葉県北西部の地震について

Fbgsfcucaarfn

(その後M5.9に修正)

皆様お疲れ様でした。こういう場合「自分と家族」をまず気にしますが、「周囲で火事が起きてないか」こっちの目配りも忘れずに。

さて。

Photo_20211009234401

ソース。以下同)

ここいらへんのこういう規模の地震はおしなべて25年間隔くらいで起きてるんでやんすよ。何せ地下で太平洋・ユーラシア・フィリピン海プレートがぶつかり合ってる。のみならず。

Fig4

Fig5_20211009234801

「関東フラグメント」と呼ばれる、この3つのどれにも属さない、いわば「ぼっち」のローカルプレートが、人間の膝のお皿みたいにこの地域の真下にあることがほぼ確定になりました。(産総研)今回のもこいつと太平洋プレートの間がこすれて起きたもの。

んで。

今回の奴よりマグニチュードが「1」大きい(=規模30倍)の地震もコンスタントに起きてるんでやんすよ。「関東大地震」の所為で目立たないけど。

・安政江戸地震(1855・M7.0)
・明治東京地震(1894・M7.0)
・千葉県東方沖(1987・M6.7)←実家にいたマジびびった

3_20211010000701

しれっと書いてあるけど記者会見の時ここまでやったのかね。関東各位はこれを期に備えを確認してくださいね。

2021年9月26日 (日)

9月26日という日は

Ida_1958_20210926192201

(眼@狩野川台風:wiki)

1954年台風15号「洞爺丸台風」:人的犠牲1761
1958年台風22号「狩野川台風」:人的犠牲1269
1959年台風15号「伊勢湾台風」:人的犠牲5098

いずれも9月26日に上陸、そして戦後になって台風による人的犠牲の多かった台風上から3つ、となる。名古屋では伊勢湾台風の慰霊祭があったとニュースになったが、これら台風の被害地域各所で慰霊祭が行われたであろう。

さてこれら台風はそれぞれ「特徴」を有している。すなわち。

・洞爺丸:台風の移動速度上昇に伴う急接近・暴風
・伊勢湾:高潮
・狩野川:豪雨

従ってこれら災害をよく知ることは、温暖化で強力化しつつある「令和の巨大台風」が来たとき、何が起こるか、どう対処すべきかの示唆を与える。洞爺丸は台風自体の風に移動速度が重畳されて暴風になったものであり、伊勢湾は強さと通過位置によって「吸い上げ効果」と「吹き寄せ効果」が重畳、狩野川は強力な台風と秋雨前線の活動が重なったものだ。現代は衛星写真や数値解析予報が進み「いつドコに来るか」はだいたい予想ができるが、それは起こることを防ぐものではない。すなわち必要なことは命を守る行動であり、それは「逃げろ」である。

台風は海水温27℃以上で発達すると言われるが、例えば本日ただいまの日本近海の海水温はこうなっている。

Photo_20210926192801

「発達し、勢力を維持したまま」日本を伺う強大な台風がいつの日にか来ることを確信させる。

2_20210926193601

こんなのが、このままで、上陸する。

「何をすべきか」考えておくことは無駄じゃない。「ゼロ」こそは前述の犠牲に対する我らの出すべき答え。

2021年8月15日 (日)

胸が痛い

37323b5d8f644f95830ecdeb07e8313c

子供さんが亡くなる事態は自分が親の端くれでもあるせいか胸が痛い。

朝5時半。

土砂災害警戒情報は出ていたようだが、

9978

https://www.city.okaya.lg.jp/material/files/group/10/9978.jpg

「土砂災害警戒区域」地図の通りに崩れたようだ。防げたのではないかと思うとつらい。ただし、避難所は川を挟んだ反対側に設定されている。これで逃げろと言われても。だろう。

JR中央本線は諏訪湖の近くが冠水、古虎渓駅が土砂流入。中央高速恵那山トンネル区間は引き続き通行止め。

そしてハイチで地震。

2021年8月14日 (土)

中央道選択の理由

Photo_20210814183501

雨の中中央道経由で帰ってきたわけだが。まかり間違うと巻き込まれて進退不能に陥った可能性もあったわけで。

E8rzxd4vea43ene

現在、恵那・中津川から長野県側へ抜けられるルートは無い(旧道等は往来可否不明)。ネット見ていると恵那まで来て名古屋まで戻り、静岡より国道52号山梨経由で長野まで8時間要したとか悲鳴が書いてある。

それでもこのルート選んだ理由は仮眠を取ったとはいえ徹夜明けであり、身体が覚えているだけ有利と感じたからだ。適当に曲がりくねっており、適度に緊張する。集中力が持続できる。

それもあってホームタウン感があり、災害発生の報には胸が痛む。

90658cee09d04a7ea89be534134121e7

まずは、身の安全を。

2021年7月14日 (水)

レインバンドゲーム

1_20210714212401

午後からあちこちで雨とは予報されていたが、30分でこうなると想定するのはムリ。

E6pyi11voaun1cw

出かけていた娘に帰還指示。

E6p42gluyaajcuk

どばしゃー!

問題は買い物に出かけた妻。どのタイミングで帰るのがいいか。

 

「今」と「これから」でGo指令、なのだが、コロコロ状況が変わるので決断が難しい。画像使ってるナウキャストも20分後が嘘っぱちだったりする。外出て観天望気。風向きとナウキャストの風向きが一致した。

「出立セヨ」
「OKお会計するわ」

かくて妻は「それなりに」濡れて帰ってきたが。

1_20210714213401

それ以上とどまっていたらこれに巻き込まれたわけで。

でもまぁ、少し前まではここまで詳細な雨雲分布取れなかったからねぇ。

1_20210714214101

ちなみにこの雲、今日が誕生日の「ひまわり」からはこんな感じ。わかる?

2021年7月12日 (月)

在宅レインバンドゲーム

「外に出なきゃ降られないんじゃ」

と、思うべ?

『洗濯物よろしくね』

こっちがあるんだわさ。ん?雨雲アラーム?

E6enw2uuyamq4b3

どひ~~!

『ネット会議……』
「洗濯物しまわせてくれ」
『呼ばれてますよ』
「窓閉めるんだよ」

じたばた。

どしゃ~~~~。

ふうオワタマニアッタ。さて会議。おろ?

『問題が発生したようです』

……会社側で何かあったらしい。ま、いいけど。

2021年7月 3日 (土)

伊豆で土砂災害

1_20210703185801

動画には傘を片手にギリギリで逃げる人や、一旦せき止められたタイミングで逃げ出す車と、その背後で再び動き出した土石流とか。

2_20210703191201 

現場。★が撮影位置。土石流は色つけたように南東へ流れ下った。泥流型、とのこと。

3_20210703191701

ハザードマップを重ねる。地滑りと土石流に注意すべき、と見える。「土砂災害特別警戒区域

多数の家屋が流され、安否不明が多数。「逃げるべき」場所だったのだが、避難の指示は出ていなかったという。動画では雨が小降りになってきたように見えるが、土砂災害は積分なので、止んだことはリスク低下を意味しない。

何度も書きますが、お住まいの地域のリスクと避難所の確認、その訓練を。

2021年6月 3日 (木)

普賢岳30年

Photo_20210603204701

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/volsaigai/saigai.html#pf

雲仙普賢岳の火砕流災害から30年が経過した。インパクトがあっただけに記憶が鮮明で、30年の長さを感じない。1000℃近い土砂を含んだ毒ガスが時速100キロで広がって行く。

さてこの災害は「大火砕流」と表記されることが多い。しかし過去の事例からすると、これは決して「大きい」火砕流ではない。この規模を「大」と書かれると、これが珍しいレベルだという思い込みを生む方が恐ろしい。

1024pxaso4_tephra_9085kasvg

(Wiki)

8万5千~9万年前に起こったと推定される阿蘇山噴火で生じた火砕流の範囲である。九州をほぼすべて飲み込み、海を渡り本州まで到達している。普賢岳火砕流と次元が異なる。

類例を私たちは10年前に見ている。東北地方太平洋沖地震である。あの地震が起きる前、「最大級」と警戒された地震は東海地震であった。

Earthquake092

(想定震度予測・2003年)

比して宮城県沖で生じたのはマグニチュード9.0であった。

20110311144600xlarge

地質時代のような大きな地殻変動は確かに近年起きていない。しかしそれらが万年スケールなのに対し、我々の知見はここ100年の技術に基づく1000年レベルの推定で来るの来ないの言っているだに過ぎない。プレートテクトニクスは絶えていない以上「もう起きない」わけでは決してない。

E29sydfvkakasko

(理科年表2021)

これは過去10万年に起きた日本周辺の大噴火とそれに伴う噴出物「テフラ」の分布地図である。「もう起こらない」と考える方が不自然であるとわかる。ちなみに例示した阿蘇の噴火(阿蘇4)は火山灰も含めるとウラジオストクにまで達していることがわかる。現代社会は火山灰が積もるだけで農作物はもちろん、交通機関と電力がマヒする。火砕流だけ注意しても意味がない。

スケールと間隔に留意を。

2021年5月19日 (水)

「命令」じゃいかんのか

1_20210519192501

5月20日から「避難」に関する情報が切り替わる。「避難勧告」より「避難指示」の方が強いとか知らない人が多かったし、これら用語では切迫感が伝わらない、と言うのが理由。

なら「命令」にすりゃいいと思うが、権力による強権力発動はジンケンシンガイガーってことらしい。いやいや命を守りたいなら直感的なわかりやすさ優先と違うか。

さてここで注意しておくべきは「レベル5」である。これ「その場で可能な限り命を守る行動を取れ」って意味で、「避難所へ行け」を意味しない。崖から離れろとか2階へ上がれとか、少しでも災害から距離を取れ、ということ。すると当然「考えられる危険」は「あらかじめ」知っておく必要がある。

ネットでハザードマップを見る、を今この記事を読んでるアナタはできるであろうが、災害時に最も危険なのはそういうこと出来ない、知らない年齢層である。昨今のコロナ注射予約とか典型だが、どんどん、デジタルデバイドは拡大傾向であり、畢竟、応じたケアが求められる。家で職場学校で、「起こった時、どうすべきか」話し合い決めておくと良いだろう。

温暖化で大雨は増加し台風は強くなり、大地は確実に次の南海トラフに向かって行く。備えるのは今がチャンス。

メモ:夢を見たようで押し入れに向かって誰かいると手を伸ばし、ペンケースを落として大きな音が出て驚く

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック