« 魔女と魔法と魔術と蠱と【5】 | トップページ | 魔女と魔法と魔術と蠱と【7】 »

魔女と魔法と魔術と蠱と【6】

←前へ次へ→
.
 その晩の〝生放送〟は、彼女自身の出演はなかった。
 ひたすらな心臓マッサージと、結果息を吹き返した男の子の姿で〝1本出来上がり〟となった。
 最も、彼女自体、栄養剤を点滴してもらう状態だったのだが。
 以降数日。
 展開してきた現地の軍に後を託すまで被災地をめぐり、一行は東南アジアで所定のルートに復帰した。
 この取材行では、クルーが加わるに際し、彼女がひとつ条件を出した。
 日本の〝蚊帳〟を持って来いと言ったのだ。
「この地域で蚊に刺されることは、そのまま死に直結することもあります。マラリアなど、恐ろしい伝染病を蚊が媒介するのです」
 蚊帳は有用なのだ。
「どんなに効き目のよい虫除けを贈って頂いても、どんなに性能の良い殺虫剤を贈って頂いても、いつかは薬が切れて無くなってしまう。一過性でなく、定期的にずっと供給し続ける必要がある。それは大きな手間です。でもこれなら、現地の人でも直して使い続けられますし、似たものを作れます」
 無くなったら店で買って来ればいい……それは所詮、先進国の発想。
 手足にしがみついてくる子ども達と遊ぶ。
「あとは、正確な知識です」
 そこで、日本の有名らしいタレント司会者が、こんなことを言った。
『明日は……』
 赤道直下の島国。
「ええそうです」
『地震がありましたよねぇ……』
 その地域を震源とするマグニチュード9という超巨大地震と、伴う津波により、22万を超える人命が失われたことは、人類災害史の21世紀の頁に記載され、後世に伝えられるであろう。
『でしたら例えば、我々が津波の映像を用意して現地の方々に見てもらうことは、〝知識〟という点で』
「ええ、それはもちろん大きな力になると思います」
 彼女は、否とは言わなかった。それ自体は悪いことと思わないから。
 ただ、せっかく映像をもらっても伝える手段を思いつかぬ。この村もそうだが、電気をあまねく送る設備が整った国土ではなく、テレビジョンという装置を各家庭が持っているわけではない。
『我々もお役に立ちたいので』
 満足そうな顔で司会者が言い、宇宙からダウンリンク。パラボラに降ってくる資料映像。
 チェック用のテレビモニタを珍しげに覗き込む子ども達。
 不思議な感慨がある。
 できるならやっちゃえばいいじゃん。
 何もない中で何が出来るか。
 同時存在する二つの世界観。
.
つづく

|

« 魔女と魔法と魔術と蠱と【5】 | トップページ | 魔女と魔法と魔術と蠱と【7】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔女と魔法と魔術と蠱と【6】:

« 魔女と魔法と魔術と蠱と【5】 | トップページ | 魔女と魔法と魔術と蠱と【7】 »