« 彼女は彼女を天使と呼んだ(37) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(39) »

彼女は彼女を天使と呼んだ(38)

11

 二人がかりで荷物を持つという行動は、駅の自動改札に怒られたりして、少々どころではない苦労をした。
 しかし、そのまま図書館に置きっぱなしにすれば、彼の勘違いはエスカレートしよう。それで今更会議降りられても困るし、ウワサのタネに水やることもない。
 夕ラッシュの電車に頭下げて持ち込み、一駅乗って降りる。
 エレベータで橋上へ上がって改札を抜ける。理絵子の家はここから西側の階段を下りるが、主将君の家は東側だ。
 駅前のわずかな商店街を抜けると風景が寂しくなる。夕陽受けながら一本道を行き、畑と住宅が市松模様を描く中に建つ、鉄筋3階建てのアパート。
 呼び鈴ピンポン。
『はい』
 警戒に満ちた大人の女性の声。
 同じ中学の黒野で忘れ物を届けに来た、と言うと、それでもドアチェーン越しの対応。
「あのこれ……」
 バッグを見せると、まぁまぁ済みませんと女性はようやくドアを開けた。エプロン姿であり彼の母親と言った。
「ごめんねぇ、この辺物騒でぶっきらぼうな対応になってしまって」
「いえいえこちらこそお忙しいところ突然。図書館に忘れて行ったのを見たので」
「あらそう。帰ってくるなり布団に潜り込んで出てこないから。ちょっと健太(けんた)、出てきてお礼くらい言いなさいよ。女の子二人にこんな重いモノ持たせてどういうつもり?しかもこっちの彼女高校生じゃない」
 無言。
「健太ッ!」
 こっちが驚くような怒鳴り声。
「すいませんね、照れてるのかしらね。まぁ女の子がウチに訪ねてくるのは初めてだしね」
 初めて。その違和感。
 あんな〝モテモテ〟なのに?

→次

|

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(37) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(39) »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女は彼女を天使と呼んだ(38):

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(37) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(39) »