« 彼女は彼女を天使と呼んだ(52) | トップページ | 気づきもしないで【3】 »

彼女は彼女を天使と呼んだ(53)

15

 結局、黒板は交換しかないと判明し、業者に工事を依頼する一方、その間の移動先仮教室に、生徒達は色めき立った。
 多目的室。
「他に無いんです」
 担任竹内は言ったが、しかし積極的に移動を始める生徒はいない。桜井優子が先にスタスタ歩き出した程度。
 どころか、逆に、理絵子に視線が集まる。
 その理由。
「大丈夫だってば」
 理絵子は笑って言った。多目的室。それは少子化の進行で使われなくなった〝校舎4階〟の3つの教室のひとつ。
 件の幽霊話はその校舎4階の出来事、但し多目的室ではなく、第2音楽室のことだ。
 とはいえ、その音楽室から飛び降り自殺した女生徒がいたのは確かである。
「その件は音楽室だし。それに済んだ話」
 集まる目線に理絵子は今度は真面目に答えた。自信を持って過去形で言える。
 解決を見届けた当人だからである。
 ただ。
「でも……」
 尚残る、クラス一杯分の躊躇。
 ここで、幽霊さんならちゃんとあっちに行った。ウワサ通り私が霊能で確認した。とでも言えれば、尚良いのかも知れない。しかし、やはり出来れば秘密にしておきたい。それに、事実と知って興味本位で何かされると、もっと困った事態になる、そんな気がする。
 〝四十九日〟という風習はダテではないのだ。

→次

|

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(52) | トップページ | 気づきもしないで【3】 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女は彼女を天使と呼んだ(53):

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(52) | トップページ | 気づきもしないで【3】 »