« 彼女は彼女を天使と呼んだ(28) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(29) »

【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【8】

(承前)

 比して彼の弾く音の悲しさ。
「あーもう、ムカつく」
 ひっかかりもっかかり。先に進みません。でも悲しい感じはそれだけじゃない。
 曲想が短調というわけでもない。譜面通り音が出ている時でも、調べに弾んだ感じがない。
 彼はピアノを〝やらされて〟いるんじゃないのか。それが私の率直な感想。
「いいや、もう!」
 彼は吐き捨てるように練習を打ち切り、ピアノの鍵盤の蓋を閉め、カバンを持って出て行きました。
 行ってきます、の声と、玄関ドアをバタンと閉める音。
 主のいなくなった部屋を私はぐるりと見回します。木の温もりに包まれたはずの部屋なのに、ひんやりとよどんだ空気。冬のせい?
 ベランダへ出られるガラス戸をコン、コンと叩く音。
 私はギョッとしました。今は手のひらサイズですが、気付かれたんでしょうか。
 違いました。さっきのムクドリです。
〈大丈夫ですか?見つかって捕まったんじゃないかと〉
〈違うよ。心配してくれてありがとう。その、ちょっと気になってね〉
〈彼は、〝殺し屋〟ですよ〉
 物凄い言葉。
〈何か見たの?〉
 行列しているアリを一匹ずつ潰す。
 凄惨なので略させていただいて。
 あまつさえは、小さい子を、行きずりに、叩く。
 優しいね。彼のお母さんはそう言いました。
 クモをヒータまで用意して飼う……優しさがなければ出来ないことでしょう。
〈でもね、妖精さん〉
 ムクドリは一呼吸置いて。
〈優しさが無くても生き物を生かしておくことは出来るんですよ〉
 鳥類なので喩えは鳥です。人工光で生体産卵機械にされたニワトリの話。フォアグラはガチョウに無理矢理エサを食べさせた結果の脂肪肝。
 無理矢理エサ……倉庫のクモたちが頭をよぎります。
 その時でした。

つづく

|

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(28) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(29) »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【8】:

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(28) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(29) »