« 彼女は彼女を天使と呼んだ(26) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(28) »

彼女は彼女を天使と呼んだ(27)

「変わったよね」
 隣のクラスから理絵子の机へ出張?してきている田島綾(たじまあや)が、そっちを見たまま呟いた。彼女はクラブ活動を通じての友人。先の本橋美砂は、綾の親戚筋が経営する民宿で住み込みアルバイト。
「おかげさんでこっちに降ってくる火の粉減ったけどね」
 理絵子も目線を動かさず応じる。二人して見ている先は北村由佳。メガネをアニメキャラよろしく丸い物に変え、髪はいわゆる名古屋巻きのツインテール。おどおどしている、とさえ書けた最前の姿はどこへやら。輝くような笑顔で他の級友と喋る。
 彼女は理絵子に声を掛けるどころか、目線すら向けなくなった。
 その代わり。
「じゃあ…行ってみようかな」
「来て来て」
 その喋っていた友人を伴い立ち上がり、目線を感じていたか理絵子をチラと見て背を向け、教室を出て行く。
 その立ち居振る舞いは、セレブか勝ち組か。
「何今の……」
 目線に含まれる〝見下した光〟に田島綾も感付いたと見られる。しかし、反射的に動こうとする彼女の肩に、理絵子は手をして制する。
「でも……行くんでしょあれ?〝彼女〟のところに。その〝天使〟さんのところにさ」
 田島綾が眉をひそめる。
 その〝霊能女子〟は北村由佳がそう呼ぶせいであろう、〝天使〟で定着しつつあるらしい。
 3名が教室を去ったのを見てか、背後に駆け寄ってくる級友数名。
「りえぼーあんた知ってる?あんたの霊能は犬猫レベルだって言われてんの」
 背後から声。少し心配気味に聞こえるのは自惚れ?

→次

|

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(26) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(28) »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼女は彼女を天使と呼んだ(27):

« 彼女は彼女を天使と呼んだ(26) | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(28) »