« 気づきもしないで【5】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(64) »

2009年2月 7日 (土)

【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【13】

「これ!」
 男の子は興奮気味に大グモさんを指さしました。
 さぁ、男の子にも、読んでいらっしゃる皆さんにも、お話ししなければならないことが沢山あります。中で、最初に申し上げたいのは、呪文に対してここへ送られたのは、恐らくガイア様のお考えに基づくということ。
「クモたち、ありがとうね」
 私は、まず言いました。
「え……」
 男の子は驚いた表情。
「なんで……」
 クモの存在を知っているのか。
 私は答えず、代わりに、男の子の手を持ちます。
 男の子、気付きました。
「あんたそれって翅……」
〈礼を言う。少年よ〉
 それはギガノトアラクネの意志。持った手を通じて、私の仲介で彼に伝わった。
 ギガノトアラクネは毛だらけの黒い歩脚(ほきゃく・要するに脚のこと)を一本、彼に向けて伸ばします。
〈幼き者よ、貴殿は地上の同胞たちの紡いだ思いによってここに降り立った〉
 言葉にすれば厳かで硬いです。でも、その意図は直接伝わっています。
〈一つ問う。貴殿が我ら同胞を集めて育む理由は如何に〉
「寒いのに卵産んでないから」
 男の子は即答しました。
「突然寒くなると動けなくなるじゃん。だからだんだんヒーター切る時間を長くしようか、って思ってたとこ」
 感慨深いため息……人間さんに喩えるならそんな感じでしょうか。
 ギガノトアラクネは、物腰も言葉も、柔らかくなりました。
〈これは大したもんだ。そう思いませんかエウリディケさん〉
「ええ」
 私は頷きます。何がどう、は、追って説明する機会があるでしょう。
「てかお前何者?」
 思い出したような彼の問いに、私は黙って翅を広げました。
 妖精という概念は要らない。虫寄りの生命体とだけ判ってくれればいい。
「ここはクモ達の国」
 私は言いました。
「クモの……」
〈私が説明しよう〉
 ギガノトアラクネはこの国の存在意義と、クモたちの糸と織り姫の話。そして、糸を姫の元へ届ける仕事を、そうした〝不快〟というだけで命奪われた虫たちが担っている、と話しました。
〈ところが〉
 姫の元へ向かった虫たちが最近事故に遭う。途中狭く細い岩場の道を行く。そこは常に強い風が吹いているので、小さいがある程度の重さのある身体を必要とする。このためムカデやサソリが好適なのだが、どうやらその細い道で何かと遭遇し、傷つけられて帰ってくる。
 それは私も初耳。
「ガイア様のお力でもどうにもならない?」
〈守り許す力ではないと判断されたようです〉
「それで……」
 私たちは男の子を見ました。
「……お、オレ?」
 ガイア様のお考えに基づくということ。

つづく

|

« 気づきもしないで【5】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(64) »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【13】:

« 気づきもしないで【5】 | トップページ | 彼女は彼女を天使と呼んだ(64) »