« ブリリアント・ハート【29】 | トップページ | ブリリアント・ハート【30】 »

【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【29】

 糸玉が風をはらみ、落ちてくる雨の滴のように扁平になり、ゆたか君の身体を上方へ持ち上げます。
 言わば凧。
「妖精のお姉ちゃん!」
 こちらを見て叫びます。私に追いつこうというのでしょうか。
「今行くから!」
 落下する危険を顧みず、何という勇気でしょうか。
 でも、私の方が遥かに身体が軽い。
 距離は逆に開きます。
 すると。
 彼は再度背後に手を回し、糸玉に突っ込みました。
 無造作という感じで糸を塊ひとつかみ。
 彼の意図を私は悟りました。その糸の塊には子グモ達。
 私よりも軽いもの。その糸と子グモ達。
「先行け!」
 子グモ達はお尻から糸を放ちました。
 私の顔に糸が触れる。
 私は掴みました。しかし、ゆたか君の身体はどんどん視界の向こうに小さくなって行きます。
 細い細い糸を伝って、子グモ達が登ってくる。
 飛ばされながら、浮きながら登ってくる。
〈妖精さん。今……〉
 小さな囁き。
 クモ達は、私に、追いつきました。
 凄い勢いで糸出して私の身体をぐるぐる回ります。風を孕みはためくトガを身体に巻き付けてくれているのです。

つづく

|

« ブリリアント・ハート【29】 | トップページ | ブリリアント・ハート【30】 »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【29】:

« ブリリアント・ハート【29】 | トップページ | ブリリアント・ハート【30】 »