« ブリリアント・ハート【39】 | トップページ | 四つ葉に託して【希望】 »

【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【39】

 歌の通りなら悲しき主はアラクネということになりますが、何て寂しい歌なのでしょうか。
「私の仕事はね。ここで糸を紡ぐこと。風で上がってきた虫の命を食ってゼロに返すこと。そう、この死体の山は全部私が食ったモノさ」
 アラクネは言いました。
 自虐的な告白に聞こえたのかも知れません。
「そんな風に言うなよ」
 ゆたか君が言いました。
「クモが虫食って何がいけない」
「ありがとね」
 アラクネは言って、8つの瞼を伏せるように閉じました。
「温暖化だってね」
 突然話題を変えます。
 でも、それは最初にゆたか君が言ったこと。
「うん」
「足下の命を顧みなくなると、足下から忍び寄る命の変化に気付かない。言ってる意味が判るかい?」
 アラクネは8つの目を見開いてゆたか君を見ました。
 すなわちそれは彼女の核心。確信の核心。
 温暖化で生き物の分布が変わる。それは最前言われていること。
 ある生き物はいなくなり、別の生き物が住み着くようになる。
 でも、それだけじゃない。
 虫たちの分布に〝人間さんのそばにいる〟ことが関係しているなら。
 人間さんのそばにいるから、毒を持つ必要がなかったならば。
 人が虫を締め出してしまえば、虫を遠ざけてしまえば。
 彼らの生きる場所はない。
 対して。
 〝毒虫〟は愛されるために生まれた虫ではない。
 ひたすらな防御能力を進化させた結果。
 いつの間にかいなくなる。
 いつの間にかそばにいる。
 気が付けば毒虫だらけ。
「セアカゴケグモ」
 私はそんな毒虫の例を挙げました。
 ゴケグモ。後家蜘蛛の意味で、交尾後メスがオスを食べて〝後家〟になることに由来します。但し本来日本にはいません。日本以外で分布した毒グモです。世界一の猛毒とされるクロゴケグモを含んだ一族です。セアカゴケグモは〝背中が赤い〟ゴケグモ。の意味。 実は、同じ仲間が日本にもいます。玄関先にボロボロの網を張る、小さな丸っこいクモを見たことのある方も多いでしょう。オオヒメグモです。名前の通り姫蜘蛛です。どちらもヒメグモ科のクモです。

つづく

|

« ブリリアント・ハート【39】 | トップページ | 四つ葉に託して【希望】 »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【39】:

« ブリリアント・ハート【39】 | トップページ | 四つ葉に託して【希望】 »