« 桜井優子失踪事件【6】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【7】 »

2009年9月19日 (土)

【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【45・最終回】

 その際に私をチラと見、
「……ああ、君、泥だらけじゃないか。洗濯するからウチへ」
「ちょっとあなた。こんな……大体なんでこの女が……」
 口を挟んだ母上を父上は一喝しました。
「馬鹿者。どう考えてもこの方は豊を助けてくれたぞ。大体目下大事なのは豊の身体じゃないのか……申し訳ない。妙な体裁ばかり拘泥する愚妻で」
 すると。
「……何さここぞとばかり偉そうに父親面して。ゆたかちゃん、大丈夫?この女に何かされなかった?あんな禁止の洞穴なんか」
 母上は眉根を屹立させて夫君に反駁し、私を一瞥。
 それから柔らかい表情を豊君に向け、頬に手を当てました。
「母さん……」
 豊君は目を開けて、掠れた声を出しました。
「あらゆたか、なぁに。母さんはここよ」
「馬鹿……」
 母君、絶句。
 そこへ車が到着し、豊君を乗せます。
「ああ、毛布が欲しいなあ」
「こんなのでよろしければ」
 私は手品の流儀であの糸玉を取り寄せました。
 車の後席に押し込み、形を整え、豊君の身体を横たえて包み込みます。
「ど、どうやって。……まぁいい。ああ、暖かだ。冴子。この方にシャワーに浴びてもらいなさい。朝倉君、出して」
「はいっ!」
 私と母上を残して、豊君を乗せた車は走り去りました。
 もちろん、私としてはシャワーをお借りする気はありません。
「ねえあんた」
 母上は私を見て言いました。
「はい?」
「ゆたか、急に家の前から逃げ出したのよ。あの穴に入ってたの?」
 母君は顎で洞穴を示して言いました。洞穴入り口、有刺鉄線の柵の脇には看板が立っています。
 私は超常の視覚でその字を読み取り、頷きました。
「ええ、何か怖い目にあったみたいで」
「ったく、クモ好きにも程があるわ。あんな気持ちの悪いモノ」
「彼のクモに関する知識は学者並みですよ。街灯のそばに巣を張るといった人間社会への順応や、繊維を高速で綴る仕組みなど、人間がクモから得られる知見は計り知れません。ああ、ちなみにさっきの毛布はそのクモの糸です」
「えっ!」
 母上が驚いて車の方向を振り向いた途端、私はそこから姿を消しました。

 最後に、洞穴の看板に書いてあった説明をかいつまんで書いておきます。

 -土蜘蛛伝説-

 古代この穴から人を食う大クモが出入りしていた。ある日英雄が現れて対決を挑み、クモは穴の奥に封じられた。土地の人はたたりを恐れて聖域とし、退治した田畑の昆虫を年に一度捧げた。禁足地につき立ち入るべからず。

管理社寺名

クモの国の少年/終
.
妖精エウリーの小さなお話・一覧

|

« 桜井優子失踪事件【6】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【7】 »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】クモの国の少年【45・最終回】:

« 桜井優子失踪事件【6】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【7】 »