2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 桜井優子失踪事件【32】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【33】 »

町に人魚がやってきた【18】

「夢見るように過ごした気がします。日が昇るわけでもなく、月が輝くわけでなく」
「浪漫的だね」
「ろまんちっくだわ」
 実際にはもう少しおばちゃんコメントがあったが略す。
 とにかく人魚がひとこと言うと二言三言四言五言コメントが付く。
 人魚は嬉しそうにおにぎりを頬張った。
「真っ白いお米のおにぎりなんて。……たまに地震の知らせを受けて陸に上がると、前と景色が変わっているんです。時が過ぎている、と感じました」
 タラの切り身を半煮えでバリバリ。骨も皮もお構いなし。
「感傷的だわ」
「せんちめんたるね」
「まぁあれだ、安心おしよ」
 唐突に萌えボイスの作間さんが言った。何を安心?
「私らはあんたを歓迎するし、あんたが住みやすいような環境も作るから」
「ありがとうございます……」
 人魚のナミダ。
 しかしナミダの人魚のまわりは町内会の鍋祭り。
 喧噪を破いてピピッ、と電子音。……作業させられてそのまま放置の照合装置から、原稿置きっぱなしの警告。
「おおいかんいかん」
 館長が焼きイカのゲソくわえてバタバタ。人魚の地図を取り出しの、結果を貸し出しカウンター脇のパソコンに覗きに行きの。
 マンガみたいな驚きの表情。
「先生、神主さん、和尚さん」
 この場の〝識者〟を一斉呼び出し。
「合致したのは黄泉の旅路の地図、と出たのだが」
 識者たちはそれぞれに驚きの言葉を口にしながらパソコンへ。
「この画面では小さくてワカランなぁ」
 先生が老眼鏡を鼻に乗せたり目を細めたり。
「大きくしましょうか」
 館長が言って、ボタン一発色々作動。窓には暗幕カーテンが下りて、大きなスクリーンとビデオプロジェクタが天井からするする。
「あら映画でもやるんらかね」
「真っ暗になったら闇鍋だねぇ」
 だから主旨は人魚の消息探しだってば。
 
つづく

« 桜井優子失踪事件【32】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【33】 »

小説」カテゴリの記事

小説・大人向けの童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町に人魚がやってきた【18】:

« 桜井優子失踪事件【32】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【33】 »