2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 桜井優子失踪事件【35】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【36】 »

町に人魚がやってきた【21】

 神主さんの求めに応じ、館長がパソコンカチャカチャ。
 出てきたのは墨絵。白装束で白いはちまき、右手にイカ、左手にタコ、頭の上に巨大なめくじ。
「これ、私の嫌いなものばっかりです」
 入り口ドアが開いたのはその時。
「いらっしゃ……」
 さっきの調子で萌えボイスが応じようとして、凍り付いたみたいに動作を止めた。
 墨絵そのまんまの姿。ただし、持ってる動物がチト違う。右手にナマコ左手にイカ、頭の上にはタコ鎮座。
「通りに誰もおらんと思いやこのザマ。おのれらまんまと騙されおって!」
 その姨捨山の持ち主の老男性。御年78。そう、かの山は私有地。
 町としては観光アイテムと捉えたいが、この人が山裾ぐるりと有刺鉄線。発掘・盗掘の企みを阻止するのが目的とか。
 日常じろじろ見張っていて、近づけば誰彼となく一喝するので評判すこぶる悪し。
「その方(ほう)、海嘯女であろうが」
「なん……ですかねぇ」
 人魚は言って、目をぱちくり。
「ぬけぬけとほざきおって」
 男性怒りのあまりか拳をギュウギュウ握って、お陰でナマコが肛門から内臓噴出(本当にやります)。
 しかし人魚ってだけでその妖怪に該当するのか不明だし、ましてや激怒されるのも考えてみれば理不尽な。
「そんなに握ったらナマコちゃん可哀想ですよ」
 人魚が優しくひとこと。
「うるさい黙れ。お前をこうしてくれたいわ。ええいどいつもこいつもたぶらかされおって。どうなるか判っておるのかっ!」
「色々伝説は聞きましたけど……」
「こうして話した限りとてもそんな怖い子には……」
 眉をひそめる闇鍋参加メンバー各位。
 対し、姨捨管理人氏はこめかみに青筋。
「それがたぶらかされておるというのじゃ!一番最初に見つけたのは誰じゃ。連れてきた愚か者は誰じゃ」
 確かに人魚ってそもそも異常だが、ここまで悪し様に言うのもなんだかなぁ。
「オレっすけど」
 オレは手を上げた。
 
つづく

« 桜井優子失踪事件【35】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【36】 »

小説」カテゴリの記事

小説・大人向けの童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町に人魚がやってきた【21】:

« 桜井優子失踪事件【35】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【36】 »