2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 桜井優子失踪事件【49】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【50】 »

【妖精エウリーの小さなお話】闇を齎す光【2】

(承前)

 ここに、前記した鳥の性質として、縄張りのどこに何があるか位は覚える、も書きましょうか。慣れた場所でその日に限ってぶつかる、というのは考えにくい。
 つまり、立て続けに、何かが起きた。
 なきがらがあれば、身体に起きた異変はある程度調べられます。しかし、野生動物の遺骸が、何日も、何事もなく、残っているはずもなく。
〈君たち、つまりカラスだけ?〉
〈それは何とも……他の鳥とかどうでもいいですし〉
 言われてみればその通り。でもこれだけでは情報が少なすぎます。対策以前にそもそも原因が考えつきません。不自然なので人為的とすると、例えば人間さんが駆使する〝力〟で電磁力がありますが、鳥たちは磁場で方角を感じる能力を持ちます。ですから、人間さんの強力な電磁波で方向感覚が狂って……可能性自体は考えられます。施設から電磁波が飛んでくることもあるでしょう。しかしそんな施設はこの近辺にありませんし、遠くの施設からだとすれば、その施設の周辺がただ事では済まないはず。
 とりあえず調べるべきは、他の動物たちが異変の情報を持っていないか。
〈なるべく高く飛ぶようにして。当分の間は〉
 私はそれだけ言いました。少なくとも、どこかにぶつかることはないはず。
 ただ、自分自身、心許ない。それだけでは万全じゃないという確信があるから。
 されど、カラスたちの恐怖を少しだけでも軽くする効能はあったようです。
〈あ、はい。仲間に伝えます〉
〈ごめんね大したこと出来なくて。でも、判断を下すには情報が少なすぎる。もっと調べなくちゃ〉
 私はカラスたちと分かれ、他の動物たちを探すことにしました。
 テレパシーを使います。誰か、近くに、いない?
 その呼びかけに対して、とんでもない……いえ、リスクとして想定されるべきですが、私がそれをすっかり忘れていた、と書くべきでしょう。
 慄然となるような、反応がありました。
〈お前、誰だ?何で動物に話しかけてんだ?〉
 人間の男の子。
 超常感覚的知覚の持ち主、つまりエスパーです。直ちに私は〝遮断〟を行います。内容は二段階、まず、彼を意識しない。これで私の意識から情報は発せられない。次いで、ペンダントにしてぶら下げている石を胸元から引き上げ……時間がないので妖精の魔法の石とだけ書きます。サファイアに似ています……これを手に握り、ある種のバリアを巡らせて彼の探索を妨害。
 
(つづく)

« 桜井優子失踪事件【49】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【50】 »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】闇を齎す光【2】:

« 桜井優子失踪事件【49】 | トップページ | 桜井優子失踪事件【50】 »