2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 桜井優子失踪事件【52】 | トップページ | 総武快速passing love ~千葉~ »

【妖精エウリーの小さなお話】闇を齎す光【5】

(承前)
 
 残虐だけに陥った暴力を押しとどめる方法。
「だからって君のしていることは単なる〝いじめ〟」
 私は言い、彼の頭の上から舞い降りました。
 翅を使いましたが、彼には認識させません。幻を見ている、という疑念を意図して送り込みます。すなわち超能力的洗脳。
「黙れっ!」
 彼は光の銃を発射してきました。当たり所が悪ければ失明する光線、一生罪の償いを要求される犯罪ですがお構いなしです。それよりも何よりも、これまでの悪事の露見が怖い。
 そして、私には単純に優位に立てないとも認識しているようです。だから光線銃を使う。
 対し、私以外の、普通の人間に対しては、自慢の能力でどうにでもごまかせる。
 彼はそんな思いを描きながら休まず発射ボタンを押します。狙いは正確で、姿勢を様々に変え、様々な角度から私を狙って来ました。
 でも私には掠りもしません。先読みして石を使って反射させているからです。
 光が枯れ葉や木の枝に当たって、少々、辺りが焦げ臭くなってきました。
「まだやりますか?絶対に勝てないことは認識してる通りだよ?」
 彼が小休止したタイミングで私は問いかけました。レーザ光が乱舞したのは何秒でしょうか。その間にアパートの屋上の縁、近隣の家々のアンテナ、そして電線にカラスがずらり。
 カラスは仲間を守るためなら相手を厭いません。
 報復という心理も持っています。
 私はその旨、彼に読心させました。
「君は間違っている」
「うるさい、お前なんかに何が判る!」
 されど、彼の発言は、私が彼の全てを知っているという事実への驚きから出た物。
「何のために力を得たのか吟味なさい。私は私の故に動物たちの味方をしている。そして私は、君が異なる存在だと理解し尊重する。私が理解者ではダメか?」
 言葉は難しいかも知れませんが、意図は能力の故に確実に伝わるから問題はないでしょう。
〈エウリディケさん、こいつは殺し屋ですよ!?〉
 非難の意も含んだカラスたちの抗議。私は血気に逸る彼らを制します。
 カラスは〝仲間いじめ〟もやります。
「君は何でも判ってしまう」
「……ああ、そうだよ」
 
(つづく)

« 桜井優子失踪事件【52】 | トップページ | 総武快速passing love ~千葉~ »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】闇を齎す光【5】:

« 桜井優子失踪事件【52】 | トップページ | 総武快速passing love ~千葉~ »