« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-4- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-6- »

2010年9月 5日 (日)

グッバイ・レッド・ブリック・ロード-5-

←前へ次へ→
 
 “散歩道”を外れる。階段を下り、少し行くと、見逃してしまいそうな細い路地。ベビーカーですら通るのは難儀であろうと思われる程。
 “気持ち”はその奥からであるらしい。息せき切って出所を追う。アホかと思う向きもあろう。実際彼女自身、何を必死にこうしてその場に行こうとするのか、疑問に思うことがある。“傷ついた心理”に強く反応してしまうのは、もはや半分本能的とさえ言える。もちろん、そんなのこと一々気にしていたらキリが無いのだが、重々判っているのだが、知らぬ振りは後々罪悪感で悩むだけなので、それよりは、とつい足を向けてしまう。
「……やる気あるのかお前」
 叱責の声。怒鳴り声でこそ無いが、もの言いの調子はきつい。これはテレパシーではなく、耳で聞き取れた物。
 叱責されているのは、父親というイメージの男性。叱責しているのは更に年上の男性。詫びる声。頭を下げるその姿勢は直立不動。その動作の影で落胆する心理。引き裂かれるプライド。これはテレパシーで把握した状況。
 現場は近そうである。感じながら路地を行くと、視界が開けた。
 作陶工房であることはすぐに判じた。窯とおぼしき、かまぼこ型に整形され、煙突を立てた土壁の構造物があり、平屋建ての建物と直結。
 建物の前の庭では、汚れた前掛けをした、眼鏡の男性が、バラバラになった陶器片を拾い集めている。
 そのしょげた表情。叱責されていた男性であろう。
 思い詰めているらしく、角ぶち眼鏡の目線はうつろ。一旦拾い、手に積み上げた陶器片を、再度ガシャガシャと落とす。
 見てらんない。
「あ、すいません……」
 拾うのを手伝う彼女に、男性は少々過ぎてから気付き、ぼんやりとした口調で言った。
 その声に、彼女は心臓のあたりがズキッと痛む。油切れした機械のような、覇気のない声音は、傷ついた心の証。しかもよく見れば頭髪には白髪が目立ち、フケが多く、健康清潔に気を付けている様子ではない。そういう方面に気を回す余裕を持った心理状態ではない。
 
(つづく)

|

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-4- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-6- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッバイ・レッド・ブリック・ロード-5-:

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-4- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-6- »