« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-38- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-39- »

2010年10月 9日 (土)

桜井優子失踪事件【67】

【地6】
 
「いてぇよぉ。いてえよぉ!」
 応じて転げ回るわけだが知るか。
「くっそてめえ!」
 拳銃を拾った者は敵討ちとばかり理絵子に向けた。
「やめたら?大藪春彦(おおやぶはるひこ)にもあったよ。止めないけど」
 登与もまたクールである。
 すると。
「オマエラ全員ぶっ殺してやる!」
 Kが叫び、動きが三つ。
 まず、拳銃を拾ったその者は、あろう事か、引き金を引いた。
 銃声と言うよりは爆発音。
 どさっと、その者が、仰向けに倒れた。次いでバラバラかちゃりと散らばる金属パーツ。
 死んだのか。テレパシーの回答は〝そこまで行き着いてない〟。されどその先を見ている余地は今はない。
 Kが左手にナイフを持ち、……肩も外れていたらしい、ぶらんぶらんの右腕を抑えながら理絵子へ突進してきた。
 銃弾すら回避できる相手に、半壊れの身体で肉弾戦を挑もうというのだ。正気の沙汰ではない。
 されど止めないと……失神でもさせないと攻撃はいつまでも続く。
「お前が汚れる必要はないよ」
 声と共に桜井優子が理絵子の前に身を置いた。
 乱れ髪に、傷だらけの、大人びた横顔。
 あなたを襲った、拘束していた痛みはどれだけ……。
「ずっと、お前のこと呼んでた。お前の声を聞いてた。それだけは出来た。そして、お前はオレのことを呼んでたろ。聞こえたぜ。……私はお前がこいつに触ることも、こいつがお前に触ることも許さねぇ!」
 彼女は自身を〝オレ〟と呼ぶ。それが〝私〟に変わったその瞬間を、
 理絵子は、荒ぶる女神の降臨と取った。
「お前が死ねこの反吐!」
 桜井優子はKの股間を蹴り上げた。
 Kの運動エネルギが全て置換され、Kの突進はそこで尽きた。
 そして、加わった力積は充分に過ぎた。
 Kの両膝がかくんと折れ、蟹のように口から泡を吹き、そのまま仰向けに倒れる。縮んだパンタグラフのような有様となり、びくんびくんと震える。
 
(つづく)

|

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-38- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-39- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜井優子失踪事件【67】:

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-38- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-39- »