2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-78- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-80- »

グッバイ・レッド・ブリック・ロード-79-

←前へ次へ→
 
「雪を甲板山盛り取ったね」
 レムリアは言い、真由の手を引いて操舵室の奥、スクリーンの前へ進んだ。
 室内を手短に説明する。操舵室はその巨大スクリーン、スクリーンに沿って湾曲する形で設けられたコンソール(操作卓)。そして背後にひな段状に配された未使用のコンソール群と、その脇の副長席、最上部の船長席で構成される。
 スクリーンの画面はさながらビデオの早送り。瞬時にキャンプ火災現場に戻り、その炎が見えた次の刹那、画面内部が天地逆さま。
 先のイルカよろしく、今度は船体がくるりと回転し、甲板に積み上げた雪を火災現場に投下。
 周囲を照らしていた火災が消えた。
「視認して来ます。INSオフ」
 レムリアは言った。
「了解」
 シュレーターがスイッチ操作。
「ちゃんと消えたか肉眼で確かめる。手伝って」
 レムリアは真由に言った。
「うん」
 真由と走り出す。
 甲板へ出、二人で左右両舷からキャンプを見回す。火は消えたようだ。完全な闇であるせいか、逆に良く判る。
 その時。
『レムリアこの胸騒ぎは?』
 セレネから、不穏な心理をキャッチした旨の言葉。
 程なく近場で騒ぎが生じる。
 甲板の二人は、同時に、その声に気付いた。
 赤ちゃんの泣き声と、その母親とおぼしき女性の悲鳴。
 灯りが欲しい。
「船の……」
『船長たちが危険に晒される』
 レムリアの言葉をシュレーターが即否定。船の能力上、一帯を明るくする事は可能ではある。だがそれは周囲に対して、『ここに何かある、強力な照明を有する物がある』、と知らしめることになる。
 強力な照明は物持ちの証。反政府勢力の彼らにとり、それが敵であれば攻撃するだけだし、支援団体なら強奪するだけの話。
 要するに明るくしたらロケット弾が飛んでくるのだ。船自体は逃げればよいが、人々の中に落下するのは困る。
「(月女神よ我らの目となる天の光を)」
 レムリアは指を唇に当て、そういう意味の語を唱え、その指で天を指し示した。
 
(つづく)

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-78- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-80- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッバイ・レッド・ブリック・ロード-79-:

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-78- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-80- »