« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-118- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-120- »

グッバイ・レッド・ブリック・ロード-119-

←前へ次へ→
 
「(意図したこと形を成さず)」
 レムリアは指を向ける。車が坂道を勝手にバックし始め、教員たちが慌てて追いかけ始める。
「使った?」
「使った」
 校門をくぐり学校グラウンドに走りこむ。何名かの教員が四角四面のコンクリ校舎上方を見上げており、あちこちの教室の窓に生徒が鈴なり。
 彼らの目線のその先を追う。風雨にくすんだ4階建ての校舎屋上。
 鉄柵の外に、なるほど女子生徒が一人。わずかな風に揺れる髪とスカート。
 そしてその柵の内側、女子生徒から少し離れたところには別の男性教員。しかし何かアクションを起こす気配は感じない。それは状況からして、近づくと飛び降りる、そう言われて制され、釘付け、と見る。
 他方、彼女の直下、グラウンドには体育に使う体操マットが何枚か。先の学年主任が電気メガホンを校舎上に向け。
「悪いようにはしない。まず話を聞かせて……」
 それはありきたりそのものの言い回しであり、因果関係を踏まえたセリフではない。到底、女子生徒の心に響くとは思わない。
 すると。
「私はなんとも思っていない。あなたに何も責任はない!」
 メガホンの横から、真由は上を見上げ、叫んだ。
 突然の真由に主任と担任が目を剥く。
 彼女の白いパジャマ姿は、教員たちの黒地、紺系統の地味な服装の中で、文字通り異彩を放った。
 レムリアはそんな彼女に自らのカーディガンを羽織らせる。
「あなたのこれまでにも、今後にも、何も関係ない!」
 真由は言った。
 そして。
「大丈夫だから」
 トーンを下げてひとこと。
「絶対に、大丈夫だから。あなたが思ってるようなことは絶対にないから」
 その生徒は、真由の声に耳を傾けている。
 同じことを、屋上で釘付けの教員も思ったか、こっそり背後から女子生徒に近づき始めた。
 身柄を確保しようというのか。
 
(つづく)

|

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-118- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-120- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッバイ・レッド・ブリック・ロード-119-:

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-118- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-120- »