2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-153- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-154- »

【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-2-

←前へ次へ→
 
 女の子に話を聞こうか、思ったところで女の子はその場から立ち上がり、カサを手にしました。
「ちょっと、見てみる」
〈風邪引かないように〉
「ありがとう」
 歩き出した女の子の後ろからついて行きます。手のひらサイズの白装束が飛んでいるわけですが、出歩く人も無し、位置も高いので、見られる心配はないでしょう。
 女の子は高層住宅群の駐車場の間を歩き、一軒家が建ち並ぶ街区へ。
 道沿いの柵に、敷地の中から道路側へ金具を下げ、中にプランターを並べているお宅有り。
 強い敵意。
「あっち行け!全くどこの子だい!」
 高齢の女性の怒鳴り声がして、女の子は走り出しました。つまり、逃げ出した。
 女性は、女の子が花を持って行くので見張っていたということでしょう。
 杖を手に門扉を開いて道路へ。対し女の子は、振り返り振り返りしながら、速度を落とさず。
 走り続け、角を一つ折れ二つ折れして。
 川の堤防の下にあるトタン屋根に窓が一つの建物へ。
 近くには古タイヤが山と積まれています。
 女の子はその窓の前へ行くと、立ち止まりました。
 窓の下には土が盛り上がっており、割り箸が刺してあります。
 良く見ると周辺にしおれた、或いはまだ元気な花々が散らばっています。
「まだなの?」
 女の子は呟いて、無造作にシロツメクサを投げ出しました。
 そうやって、散らばって、しおれて、積み上がった花たち。
 女の子は建物の側面に回り、首から下げていたカギを取り出してドアを開けます。
 この建物が家であるようです。
 私は女の子が花を放ったその辺りに降り立ちました。
 死臭。
 良く見ると割り箸には〝ジョン〟と書いてあります。
 そして、その辺りを足繁く動いている虫たち。
〈ああ、妖精さんだ〉
 一匹が私に気付いて言い、一帯の面々が集まってきました。
 動物の死肉をエサとする仲間達です。人間さんのイメージもあって酷い言葉で呼ばれいますが、ここではスカベンジャーと表記します。
 
(つづく)

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-153- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-154- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-2-:

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-153- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-154- »