« いじめが「ある」のは異常なことか | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】マジック・マジック-2- »

【魔法少女レムリア短編集】マジック・マジック-1-

←レムリアのお話一覧へ次へ→  

 
 オランダ・アムステルダム。
 歩行者天国になった休日の歩道に、人だかりが出来ている。
 レンガ造りの銀行の前。人だかりの中心で注目を浴びているのは。
 女の子。
 サラサラの黒髪を持った東洋系の娘である。小柄であり、黒い瞳がキラキラと輝き、その髪の毛は肩に触れない程度でスパッとカット。
「ではみなさんからおひとり、お手伝いをお願いしたいと思います」
 流暢なオランダ語を操る。彼女は会社の受付嬢を思わせるスーツ姿をしており、片手にはシルクハット。傍らの折り畳み式のイスの上には、トランプひと揃いに白鳩一羽。
 マジックのパフォーマンス。
Magicmagic1 「では、そこの奥様」
 彼女は挙手した白髪の女性を指名する。女性が人だかりから彼女の前に歩いて来、ニコッと笑う。
「あなた可愛いわ。マジックも面白いし」
「……ありがとうございます。さてもう一人お手伝いを。どなたか、コインかゴルフのマーカーを貸してくださいませんか」
 彼女の呼びかけに、丸めがねの若い男性が挙手。
「僕が魔法のペニーと呼んでるマーカー代わりのコインだ」
 男性は指先で、アメリカの25セントコインを弾いてよこした。
 彼女はそれを人差し指と中指で挟んでキャッチ。
 人だかりから小さなどよめき。
「この技を日本で真剣白羽取りといいます」
 何か違う。
「違ったっけ?」
 ぺろっと舌を出す彼女に小さな笑い。
「すいません続けます。ではこのコインを……奥様、どちらかの手に握ってください」
 彼女は女性にコインを差し出す。女性は少し迷った後、左手にコインを握る。
「さてそれでは最後最大のマジックです。このコインが瞬間移動します。ウノ、ドス、トレス……」
 彼女は手を叩いてパンと鳴らした。
 次いで。
「そこのあなた!」
 とフリスビーの要領でシルクハットを投げる。ハットはアベックで見ていた男性の頭にすっぽり。
 僕?と自分を指さす男性。
「そうです。今、あなたは、彼女さんと手をつないでますね?」
 ウィンクしながら尋ねる。
「ああ。まあ」
 
(つづく)

|

« いじめが「ある」のは異常なことか | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】マジック・マジック-2- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリア短編集】マジック・マジック-1-:

« いじめが「ある」のは異常なことか | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】マジック・マジック-2- »