« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-224- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-226- »

グッバイ・レッド・ブリック・ロード-225-

←前へ次へ→
 
 視界がゆらゆら歪むので、目を拭うと指が濡れた。
「いじめってフレーズ出てきたので最後に言います。そんな先生方であっても、もし、いじめられてますって告白してくれた生徒がいたら、絶対に、絶対に、その理由を当人に尋ねないでください。責任の所在を考えさせないでください。いじめられたことに自責を覚えるような発言はしないで下さい。万が一原因が本人にあったとしても、誰かの仕返しに過ぎなかったとしても、その時点で傷ついてるのは本人です。本当か?とすら訊かないで。僅かでも疑われてると感じれば、更に傷つくだけ。だからただ、判った大丈夫だって言ってあげて、そして、それを行動で示してください。大人が子どもを守る。生物人間の原理原則に従うだけ。簡単なことでしょ?。そして、絶対に回復を急がせないで。心の傷がどれだけ深く、治るのに時間が掛かるか。大災害のその後追跡の番組見れば明らかでしょう。ちなみに、先の彼氏は言いました。就職すれば、1年2年の年齢のズレは何の問題にもならないって。浪人したって、1年ならお前1年遊んだかワハハで終わるって。なら別にいいじゃないですか。たとえ1年くらい回復に時間掛かったって。そしてそれから、ゆっくり、本人の話を、三度言いますが、まずは最後まで、聞いて上げて。いじめは、子供のケンカじゃない。ただの嫌がらせなんかじゃない。心をナイフでえぐり取る有形無形の暴力。だから話を断ち切らないで。勝手に決めつけず最後まで聞いて。お願いだから。お願いだから最後まで聞いて!」
 声が枯れた。
 空っぽ。そんなフレーズが頭に浮かんだ。そのフレーズの代わりに、何も言葉は残っていない。
 
(つづく)

|

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-224- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-226- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グッバイ・レッド・ブリック・ロード-225-:

« グッバイ・レッド・ブリック・ロード-224- | トップページ | グッバイ・レッド・ブリック・ロード-226- »