« 【理絵子の小話】出会った頃の話-2- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【8】 »

2011年5月15日 (日)

【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【7】

←前へ次へ→
 
 ちぃっと露出度の高い服装のせいか。どぎまぎするような彼女の言動のせいか。
 レムリアは戸惑うように視線を泳がせたが、すぐにいたずら少女の笑みに戻って。
「おだてても何も出ないよ!」
 派手な水しぶきを上げて砂の上に飛び降り、服が濡れるのも構わず少し海の中へ走って行く。
 照れとるな。相原が濡れた背中に思った瞬間。
「痛っ!」
 レムリアが叫び、飛び上がるような動きを見せる。
「何か踏んだか?」
「みたい」
 右足を持ち上げて痛そうな顔。
 片足跳びで来いと言うのも冷たいので、ポーチとサンダルを岩に置き、波の中へざぶざぶ入る。
「結構ごつごつしてんじゃん。こりゃ裸足じゃあぶねーよ」
 相原はレムリアの片腕を肩に担ぎ、腰に腕を回した。
 その指先がびくりと震える。
「どうかした?」
「やっぱり綺麗になったよ。お世辞抜き」
 今度はレムリアがびくり。
 うつむき加減で黙ってしまう。そのまま水から上がり、岩の上にレムリアを座らせる。
 かかとの後ろを切っている。出血少し。尖った石か、貝殻か、はたまた割れたガラスの破片か。
「ポーチ開けるぞ」
「うん……あ、いいよ、そこまでしなくて」
「だめ。決して綺麗な海じゃない。化膿でもされたら世界中の子ども達が困る」
「……はい。すいません」
 開くと中は救急用具一式。包帯や業務用……即ち病院向けと見られるパッケージも含まれている。
 ある程度の救急用具を持ち歩く女性はいようが、彼女の場合量・質ともに半端ではない。
 普通の女の子の持ち物ではない。
 それはもちろん、彼女が普通の女の子ではないから。
 
(つづく)

|

« 【理絵子の小話】出会った頃の話-2- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【8】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【7】:

« 【理絵子の小話】出会った頃の話-2- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】夏の海、少女(但し魔法使い)と。【8】 »