2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-16- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-17- »

【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-14-

←前へ次へ→
 
 骨だけ犬は何も言いませんでした。
 承知したくない現実を突きつけられた。彼の意思はそんなところでしょうか。
 迷いの存在を感じます。まぁ確かに、こんな姿になるまでここにいたのに、私たちが来たからと白黒付けられるものでもないでしょう。さりとて、私たちにも彼の判断を待つ時間はありません。
 すると。
〈自分の足をこの方に差し上げて下さい〉
 ジョンが言いました。
「でも」
〈良いのです。迷えるこの方の前を通りかかり、そこで足が落ちた。それはそのように配剤されたと思うのです〉
〈お前本気か?〉
〈今、自分がかおるちゃんとここにいられるのが証拠さ〉
 彼の意志を尊重し、足をそのままに、骨だけ犬もそのままに、私たちはそこから離れました。
 骨だけ犬は噛めない肉に挑む虚しい努力を選んだようです。私たちは町を外れて湖水へ向かいます。道は次第に狭まると同時に上り勾配となり、林の中に入ります。
 地響きを立てて上から何か落ちてきました。
 見上げるようなサイズの巨大なクモです。
 かおるちゃんがジョンを背負った男爵の前に出、手足を広げて通せんぼ。
「ジョンはあげないよ」
〈ちっ!妖精が一緒か〉
「お前さんは番人の一族とは違うようだね」
 私は大グモに問いかけました。ここは動物の遺骸が集まっているわけですが、同様に虫たちの遺骸が集まるエリアもあり、そこに住まう一族があるのです。
〈もっとデカイのが欲しいのさ〉
 バード・イーター(鳥喰)と呼ばれる手のひらサイズの大きなクモがいるのは確かです。
「ジョンはダメだよ」
〈お前でもいいぜ人間……〉
〈てめえ、ケツの穴に噛みついてやろうか〉
 男爵が唸りました。彼の言は女性に属する私が書くにはいささか躊躇を否めませんが、要はクモは尾部に糸を紡ぐ器官を持っており、それを差しています。
〈噛めるものならな〉
「要はそこが弱点なんだ」
 
(つづく)

« 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-16- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-17- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-14-:

« 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-16- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】東京魔法少女-17- »