« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-006- | トップページ | 【理絵子の小話】出会った頃の話-7- »

2011年6月17日 (金)

【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-15-

←前へ次へ→
 
 そう言って動いたのはかおるちゃんでした。手近の枯れ枝を手にして剣のように構えます。
〈生意気な……食ってやる〉
 大グモは言いましたが、アゴを開いて威嚇するだけで行動には出ません。
 私がいるからでしょう。しかし、クモのそうした躊躇は、かおるちゃんが行動に出るには充分な時間となったようでした。
 枯れ枝を、ぐさり。
 クモは驚き、反射的に第4歩脚でかおるちゃんを弾き飛ばそうとしました。
 咆哮が響きました。
 狼が来た、と誰もが思ったことでしょう。
 しかし、咆哮の主はジョンでした。ジョンは男爵の背中から飛び出しました。
 そのジャンプの勢いは、彼の身体では既に受け止めることが出来ませんでした。
 彼は文字通り身体を四散させながら飛びかかりました。
 鼻に皺を寄せ、牙を剥き、振り出された歩脚に食らいつきます。
 クモの脚は根元からちぎれました。取れやすく出来ています。敵の注目が脚にあるうちに逃げるのです。
 脚は丸太のような音を立てて地面に倒れ、一方のクモ自身はジャンプして距離を取り、そのまま逃走。
 ジョンは、もはや、自分で動くことはできない状態でした。
 男爵の背中からトガを取り、包み直します。
「私が持つ」
 かおるちゃんは言いました。
 女の子が歩いています。抱える白い布から犬が顔を覗かせているけど……顔だけの状態。
 行く手に邪魔をしたり声を掛けたりする者はもうないようです。私たちは森を抜け、深い谷に渡された吊り橋を渡り、霧の斜面へ。更に風に逆らって上がって行くと、湖水に抱かれたギリシャ神殿様式のお城が姿を見せました。
「あそこ?」
「うん」
 お城は湖水脇の高台にあります。白い大理石の階段が幾らか連なり、その一番上に私と同様のトガを纏った女性の姿あり。
「神様?」
「いいえ、仲介をして下さる……」
 何人か事務局担当の仕事をしている妖精がいますが。
「ティルス」
 名を呼んだら聞こえたようで、彼女は片手を上げました。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-006- | トップページ | 【理絵子の小話】出会った頃の話-7- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-15-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-006- | トップページ | 【理絵子の小話】出会った頃の話-7- »