« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-016- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-017- »

【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-16-

←前へ次へ→
 
 栗色の長い髪の持ち主で、トガをなびかせ、霧が流れるような動きで階段を下りてきます。
「こちらでお見かけするとは珍しい、エウリディケさん」
 彼女は言うと、かおるちゃんの前に膝をついてしゃがみました。
「あなたは……人間さんね」
「お姉さん綺麗」
 かおるちゃんは言いました。
「ガイア様ならお待ちよ」
 つまり、判ってらっしゃるということ。
〈お、オレは……〉
 男爵が躊躇を見せます。
「当然、ご一緒に。ここはガイア様に用のある方、ガイア様がお招きになった方以外たどり着けません」
 ティルスの先導で階段を登って行きます。するとその間にジョンの身体がみるみる原状に復して行きます。
 ただ。
 首から下は見えても触れない状態です。かおるちゃんが一瞬喜んで撫でようとしましたが、その手は素通り。
〈いいよ。自分で動けるから〉
 かおるちゃんの手がジョンから離れます。
 王宮入り口のホールで入場者確認を受け、中へ入ります。アーチ形の梁が連なり、私たちの足音が静かに反響します。かおるちゃんと、ティルスと、私。
 犬たちの足音はありません。
 王宮深奥へ進んで行きます。外光は入りませんが、柱と壁をなす大理石自身がほのかに光り、黄昏程度の明るさはあります。
「ここでしばらく」
 通されたのは謁見室。とはいえ、たいそうな玉座があるわけではありません。大広間の奥方が一段高くなっているだけ。
 ティルスは私たちを残して退室しました。ちなみに〝ドア〟はなく、その代わりに手をかざすことで壁が現れたり消えたり。
 いい香りのする緩やかな風が、その奥の一段高いところから流れてきました。
 人影。ガイア様です。
「まぶし……」
 かおるちゃんが手をかざしました。そうかも知れません。ガイア様のお姿は〝人の形をした光の塊〟。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-016- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-017- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】花泥棒-16-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-016- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-017- »