« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-092- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-094- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-093-

←前へ次へ→
 
「使ってるハンドサインなどはNATO系だ。船は無線を傍受しているか?」
『してるが反応はない。こいつら声で情報伝達はしてない。指示本隊があるわけではない。独立して動いて、何をどうするかは完全にコイツらにお任せだよ』
「オーケー。武器は最新でドイツとイスラエルが目に付く。着衣装備はCBW(ケミカル・バイオ・ウエポン……化学・生物兵器)戦闘仕様。展開方法や警戒法からして実戦経験豊富と見た。正規軍じゃヤバすぎる任務だし、後腐れのない傭兵部隊だろ。手強いぞ。こっちからは以上だ」
「待って。それで電話には何が?」
 レムリアは訊いた。自分にとって知りたいのはそっち。
『忘れてないよ。留守番電話の応答メッセージの部分に何か録音されている。発音からラテン系までは判ったが。メディカルってのは聞こえた。そのまま流せばいいか』
「はい。お願いします」
 レムリアが答えると、医師の声が流された。聞こえたなりを文字に起こせば、
 Qua sola valent medicamina ista villa.
 Utor medicinae omnes mortui.
 Nec mihi morbi.
 Periculosum.
 Filoviridae.
 ちなみに、この会話の間に、船は研究所の周囲をぐるりと回り、建物の形状、電力の流れ、発熱の有無、気流など測定。一般に人がいれば熱を出すので、建物のどこに人が多いか、目星が付けられる。
 レムリアは訳した結果を口にした。
「確かにラテン語です。一文ずつ行くと、この村には有効な薬だ。死人はみんな薬を使った……いえ、薬を使ったらみんな死んでしまった、でしょう。私は病気にはなっていない。非常に危険だ。そして最後のセンテンスはフィロウィルス」
『え?』
 相原は気付いたらしい。それこそ、先にコンピュータが照合したリストに出てきた。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-092- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-094- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-093-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-092- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第2部-094- »