« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-022- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-024- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-023-

←前へ次へ→
 
 レムリアはドクターに目配せで舵の準備を要請しながら、許可を頼んだ。
『許可する。行け』
 即答。
「判りました。ドクターお願いします。船外2人、行く先はハリケーンの中につき空電に注意」
 レムリアは男達のために追加した。君らしい気遣いだと相原は評した。
「ハリケーンを突っ切る」
 ドクターが言い、程なく船は巨大熱帯低気圧の、それこそ“渦中”に突っ込む。光圧シールドにものを言わせ、分厚く、手で掴めそうなほど濃密な積乱雲の中を、一気に突進する。
 小さな、反応の主体が、豪雨の中に出現した。
 航空機である。洋凧の如き三角翼、角張ったガラスの目立つ操縦室。そのガラスの並び方はクモの頭の8つの目を思わせる。到底安定して飛ぶようには思われない、ちょっと異様な姿。
 全身真っ黒のその機の名前は、合衆国の大型爆撃機B2。
 いわゆるステルス航空機の一種である。大きさは尻尾のないジャンボジェット。或いは、
 死神が遣わした死の卵抱いた黒い怪鳥か。
「レーダじゃ見つからんよ。おおっと」
 画面を突然の閃光が白く塗りつぶし、相原が身をのけぞらせた。
 稲妻である。紫色の輝きが天裂く亀裂のように縦横に走り、暴風雨を行く黒い怪鳥が、雲にその影を映す。
 アルフォンススからピン。
『私だ。B2を視認した。船体で動かすには相手が大きいので銃撃して落とす。寄せてくれ』
「人が乗っているのではありませんか?」
 セレネが尋ねる。
『こいつはリモコンの無人航空機だよ。人間の操縦士に十万百万殺せる爆弾を落とす度胸はあるまい』
 アルフォンススは言った。
「判りました」
 セレネが答える。
「距離測定」
 シュレーターが怪鳥へ測定用のレーザを走らせる。光のパルスに過ぎず、先の巡航ミサイルのように照準と認識される恐れはまず無い。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-022- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-024- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-023-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-022- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-024- »