« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-047- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-049- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-048-

←前へ次へ→
 
 僅かではあったが、接触ポイントがずれ、弾頭は帆に弾かれたようになって、落下経路を変えた。
 次第に低く、遠くなる。
「失敗した!」
 ドクターが舌打ちした。スクリーンに映る弾頭が遠くなって行く。
「追え!」
 アルフォンスス。
「INSが使えない。加速力が不足だ。無茶すると弾頭共がどうなるか」
 ドクターが舵に手をして訊く。INSは操舵室を回転させるものであり、船外の物体には作用しない。
 すなわち核爆弾を捨てないと船本来の性能が使えないのだ……レムリアは気付いた。
 しかしどこへ捨てる?核物質イコール捨てるべきでは無いもの。
 でも、それでは思考が止まってしまう。
 逆転の発想が今こそ必要なのだと気付く。
 逆。
「核爆弾を捨てられるところ……」
 無意識に呟いたと気付いた刹那。
「それだレムリア!シュレーター、セイルを切れ!切り離せ!」
 アルフォンススはその場で立ち上がって指示した。包丁を捌く仕草に似て、手のひらで手刀を切る。
「切ってエンジンで宇宙へ飛ばせ!セイルごと捨てろ!」
「了解!」
 シュレーターが即座に応じた。
 僅かに口元に笑みを刻んで。
 成否を論ずる段階では最早無かった。
 出来るだけのことを、出来るだけ。
 セイルが切り離された。
 ロックが外れ、折りたたまれた帆が開き、爆弾を盛られた皿の如くとなり、自由落下を開始する。なお、マストから切り離されると開くのは飛行中の事故対策。開くことで滑空し、地上への激突を防止する。
「下へ回り込め、エンジン全開!」
 アルフォンススが言う。船が加速してその皿の下方に回り込み、エンジンから真っ白な光を吹き付ける。
 凄まじい加速力が爆弾の皿に印加される。その力に爆弾がひしゃげ、内容物が飛び出した。
 ので、あろうが。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-047- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-049- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-048-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-047- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-049- »