« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-049- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-051- »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-050-

←前へ次へ→
 
「第2マストセイル展開」
 切り落とした船首寄りのセイルに代わり、船体中央のマスト、最も大きなセイルを使う。
 セイルを開く。
 網が広がり速度が落ちる。空気抵抗である。
 船が揺らぐ。INSが働き、そして停止。
 弾頭に近づいた。
 画面に警報。
「点火回路作動!」
 すなわち、原爆が爆発動作へ。
 レムリアは、目の前の画面で、船のコンピュータが、アニメーションを表示するのを見た。
 残2秒。
 間に合わない……。
 同じ画面を相原も見ていると知った。
 ただ、彼は諦めていなかった。
 ヘッドセットを装着し、操舵権を確保。
「なにっ?」
 シュレーターが自分達を見た。
 相原の脳波思考と船のコンピュータが連携し、連動制御が掛かり、弾頭の下に船が回り込んだ。
 帆を広げ、針路行く先に立ちふさがる。
「相原無茶だ!」
 アルフォンススが叫んだ。
 耳孔のイヤホンマイクに手をしたのは、相原の操舵権を解除しようとしたのかも知れぬ。
 しかし、相原は船長権限で御していた。
 船が突っ込んだ。
 セイルが、弾頭と正面衝突した。
 弾頭がひしゃげる。セイルがゴム膜のように広がってそれを包み、
 捕らえる。
 残1秒。
 
-バック転だ!
 
「踊れアルゴ!」
 相原が、叫んだ。
 船がセイルを切り離した。
 0.8秒。
 そして同時に、船はその場でくるりと宙返りした。
 切り離したセイルに、一瞬で船尾を向ける。
 それは、サッカーの同様なシュート動作を思わせた。中空のボールを宙返りしながら蹴る奴だ。オーバーヘッドキック。
 0.5秒。
 エンジン全開。
 この時船首は地上を向いており、船尾カメラはエンジンの光束で一面の白銀に包まれた。
 従い、実際に何が起こったのか、すなわち、水爆が作動したかどうかは判らぬ。
 1つ確かなのは、船から一筋の光条が宇宙へ向かって打ち上げられたように見えた、ということ。
 宗教画で聖なる降臨は天から光が差してくる。スポットライトのように描かれる。
 比して逆。地上から遙か宇宙へ光が突き上がった。
 船が動き出したと感じた時、レムリアは自分が別の世界に生まれ変わったような気がした。
 そう確かに、船はエンジン全開なりの推力で地上へ向けて突進した。
 そして、世界一深い湖、バイカルに頭から突っ込んだ。
 派手な噴水のように、水柱が高々と、キロメートルのオーダで上がった。
 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-049- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-051- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-050-:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-049- | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト第3部-051- »