« 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-04- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-05- »

2012年8月29日 (水)

【理絵子の夜話】犬神の郷-40-

←前へ次へ→

 自分達のバリアーが解けた。
 どさっと雪上に落ちる。相当な高さだがショックも痛さもない。美砂が念動で制御しているのだろう。
 途端、自分達を何かが囲繞し、次いでねっとりと身体にまとわりつくもの。
 何だろう。見られ、聞かれ、匂いを嗅がれ、なめ回されているような不快な気分。
 無理矢理書き出すならば、剥き出しの好奇心が肉体を抜け出し、ガス状になって這い回っている、とすれば近いか。
 その不快さは一言、振り払い切り捨てたい。理由は簡単、自分達はそれこそ、“舐められて”いる。そうこれは舐めるような目線、の具象化。
 それは同時に、こいつが計り知れない怪物であることを意味した。
〈これが、本体〉
 美砂は言った。即座に地下茎の概念と結びつく。ということは、ガスの性状を備えた霊的生命体で、キュクロプスは肉持つ分身とでもいうのか?
 持ってる霊物を集結する。登与はロザリオを持っており、首から下げるに際しては、髪の毛を編んだ紐を使っている。以前手助けしてくれた霊界の聖戦女が、お守りにとくれたものだ。これを手首に巻く。
〈オカルト雑誌広告見て買ったインチキだったのに〉
〈使う方の気の持ち方次第でしょ。逆も又然り〉
 理絵子は髪をまとめるりぼんを解く。同じ髪の毛をこのりぼんに織り込んである。
 りぼんを錫杖の円環に巻く。
 すると。
 示唆を得、基づいて錫杖閃かせ、囲繞していた物を断ち切る。
 まるで脚切られたタコである。まとわっていたものはシュッと音こそしないが、そんな勢いで引っ込んだ。
 件のクレバスの部分へ。
〈霊剣の切れ味〉
〈えらい物持ってるね〉
 美砂がコメントした。目に見える物体としての髪の毛に加え、件の聖戦女がくれたものもう一つ。心にだけ見える短剣。
 その剣が、今錫杖に現身として生じている。霊剣が錫杖に憑依・乗り移ったと言えば良いか。
.
(つづく)

|

« 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-04- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-05- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】犬神の郷-40-:

« 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-04- | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-05- »