« リトル・アサシン【目次】 | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-10- »

2012年10月 3日 (水)

【理絵子の夜話】犬神の郷-45-

←前へ次へ→
.
 彼女達は聞いていた。守るんだという彼らの決意を。
 最後の瞬間まで貫き通した意志を。
 知ったその時、意識で何かが、外れた。
 悲しいが、それ以上の強い感情。
 ……何しやがる。
「邪悪な者よ」
 こと女性の方が強いかも知れぬ。怒りは肉体のタガを外す。
 タガの外れた肉体でなされるものの一つが他ならぬ出産である。その際の情動は怒りに近い物と言われ“怒責効果”と称される。怒りと、痛みに対する対抗という、肉体に最も大きな力を発揮させる二つの状態の相乗効果を持って(両者を必要として初めて)出産が成し遂げられるのだ。
 肉体は肉体の本能によって、心と異なる反応を示す。
 恐怖乗り越えた理絵子の動作は俊敏そのものであった。相手も今は肉体の属性を備えている。そこで錫杖を振るい、のしかかって来るその者の目を突く。
 結果、肉体は再び霊体に回帰したが、とりあえすどうでも良い。
 美砂と登与に襲いかかっていた者どもは自ら離れた。類似の攻撃を受けると悟ったためであろうか。
「どうしよう」
 シールドバリアを固定の上で美砂が尋ねた。
 要求されたいわゆる生け贄は、性的なもののみならず、食料という側面も多分にあったに相違ない。出産可能年齢を過ぎれば“用済み”だからだ。すなわち、相手も人間型生命体だが、自分達と存在パターンとして相容れない。
 結論は一つであった。
 絶滅、だ。
 だが、それは立派な殺人。虐殺。ジェノサイド。
「忘れてませんか?肉体傷付けても死なないよこいつらは」
 美砂の指摘に、動いたのは高千穂登与であった。
 “アポロンの火の玉”を彼女は地下集落に投じた。
 何か呪文があったわけではなく、手の上の球体を投げ込んだような動作をしただけであったが。
 地下集落は猛火炎に包まれた。
 ある種のパイロキネシスであろう。
 いや。
「登与ちゃ……」
 理絵子は呼ぼうとし、気が付いた。
 彼らの“肉体”の正体。
.
(つづく)

|

« リトル・アサシン【目次】 | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-10- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】犬神の郷-45-:

« リトル・アサシン【目次】 | トップページ | 【魔法少女レムリア短編集】リトル・アサシン-10- »