« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-023- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-025- »

【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-024-

←前へ次へ→
.
 出力は一般的な読み上げソフトの他、骨伝導イヤホン、指先にはめるセンサーのような物もある。値段は簡単な物は安価だが、パソコン本体同等か、ヘタしたら遙かに上回るものもある。由利香ちゃんの探すキーボードは後者の類。だが、売り上げ数が限られるので仕方ない面もあろう。安く販売する、或いは安く購入できる補助が必要と感じる。
「この指紋センサーみたいなのは?」
 レムリアが訊く。
「はめると、中にずらっと並んだ小さなピンがガシャガシャ押し上げられて、点字を構成する」
「なるほど……あ、すごい、これCDテキストの歌詞を読むんだ」
 感心するレムリアに、相原は胸を張って腕組みをし、
「科学の発展は人の心を貧しくしたとよく言うけど、逆にこいつらは技術の結果として、ハンディ持つ方々のコミュニケーション手段として生まれた。それは心に翼をもたらした、とか言ったらかっこよすぎ?」
 そのセリフにレムリアはニッと悪戯っぽく歯を見せ、
「うん、学が言っても激しく似合わない。でも……こんな店まであるとは、恐れ入りました秋葉原」
「ふっふっふ。どうだ参ったか」
「あんたが威張ってもね」
 レムリアは笑った。この状況を楽しむように。
 キーボードの選定が終わり、由利香ちゃんは購入に及んだ。ノートほどのサイズで、六つのパッドと、確定信号を送るパッドとで構成される。ドットにしたいところのパッドを叩き、次いで確定パッドを叩く、で、一文字送られる。パッドを叩く際には音が出、もちろん、音程でどのパッドを叩いたか判る。
(作者註:2013年現在、もうちょい進化している
「お手数かけました」
 由利香ちゃんがぺこり。レムリアは首を横に振り、
「ううん、秋葉原の知らない一面が見られておもしろかった。こちらこそありがとう。送るよ。お宅はどちら?」
 由利香ちゃんの手をぎゅっと握って言う。
.
(つづく)

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-023- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-025- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-024-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-023- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-025- »