« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-034- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-035- »

2013年3月 6日 (水)

【恋の小話】ポラリス(3)

←前へ次へ→
.
「森さん太郎坊のこと知ってるから……相当だと思うぜ。あそこは“いつ何が見えるか知っている”人間が、最高条件で見たいと思って出かけるとこだから」
 プラネタリウムを見た。その後……を考えてオレは怖くなった。あのプログラム面白かったね。あれは……。
 何か訊かれたらどうしよう。
「オリオン座も判らないじゃ軽蔑されるな」
Orion
「そうか?『天文って深いなぁ。星光ってるの見るのが好きじゃダメだなぁ』でいいじゃん。彼女の方が沢山知ってたって別にいいんじゃねえの?」
「かっこ悪いじゃんか」
「知ったかぶりの方が余程かっこ悪くねえか?大体、彼女に対する裏切りじゃんか」
 ハッ、とした。
 佐藤はオレより背が低いし服ダサいし、スポーツも駄目。
 対して、下駄箱に何度か手紙が入っていたことのあるオレ。
 なのに今、多分佐藤の方が男としてかっこいい。オレは思った。
「なぁ、天文の勉強ってどうやるんだ?教科書に書いてあるのは知ってるけど、その先は……」
 オレは訊いた。興味が無いことってどうやって知るんだろう。
 ロボットのスペックはゲームで必要だし、カッコイイと思ってそれ系の本を読んだから。
 もうそのゲームもアニメも終わったけど。
「とりあえず一夜漬けだろ。いつ行くんだプラネタリウム」
「まだ決めてない」
「行く日決めて、ネットで内容見て予習したら?来いよ」
 佐藤の家のパソコンで、都内のプラネタリウムを幾つか検索したら、そのアニメの声優がナレーションを担当してるところがあった。
「いいじゃん、小さい頃この人の声好きだったって言えるじゃん」
「ああ、そうか」
 そしてプログラムは“ふたご座流星群とベツレヘムの星の謎”。
「全っ然わかんねぇ」
「12月だからなぁ」
 佐藤は言うと、そのままパソコンで“星空シミュレータ”を起動した。
.
(つづく)

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-034- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-035- »

小説」カテゴリの記事

小説・恋の小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【恋の小話】ポラリス(3):

« 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-034- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】ミラクル・プリンセス-035- »