2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【恋の小話】星の川辺で-18- | トップページ | けだもののそんげん【目次】 »

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-01-

←妖精エウリーシリーズ一覧次へ→

 
註:かなりショッキングです~エウリーより
 
 
 家畜を飼育、という歴史は、現生人類ホモ=サピエンスの創成当初に遡るとされます。
 その歴史の半ば、7万年前、ホモ=サピエンスは大規模な地殻変動で絶滅の危機に瀕します。しかし、そこを乗り越えてなお、ペットが人と共にあるのは、人類の皆さんを繁栄たらしめた根幹が博愛の精神にあり、それが彼らにも向けられたことを傍証します。
 しかし。
 21世紀、日本。
〈この森なんですがね〉
 老いた野犬が耳打ちするように私に言いました。もちろん犬は人語を話しませんが、そう話したように私には認識できています。
 私が人間ではないからです。テレパシー能力。
 ここは夜闇に埋もれた国道の駐車スペース。あるのは灯火の壊れた公衆トイレ。そしてベンチ一つの休憩所。元は屋根があり自動販売機なんかもありましたが、洪水で流されました。
 そのベンチに座っている女が一人。私です。白い装束で背中には翅。
 人間型生命体ではあります。されど翅でお判りのように人間ではありません。
 妖精、と呼ばれる種族です。名前はエウリディケ。ギリシャ神話のニンフの血を引き、ゆえに身体は基本、人間サイズ。但し、ケルトのフェアリの血筋も引いており、彼ら同様手のひらサイズにもなれます。
 対して、私の周りには件の老犬、ネズミ数匹、野良猫とハクビシン。
 仕事が動物たちの相談相手ですので、こうして一緒にいること自体は不思議ではありません。ただ、今夜はちょっと尋常ではありません。
〈ほれ〉
 老犬に促され、野良猫が口にくわえたものを私に見せます。
 仔猫の遺骸。
 経緯を説明して言うには、最近、付近のネズミ達がぶくぶく太りだした。何食ってるのかと発見した現場にあったものがこれ。
 

« 【恋の小話】星の川辺で-18- | トップページ | けだもののそんげん【目次】 »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-01-:

« 【恋の小話】星の川辺で-18- | トップページ | けだもののそんげん【目次】 »