2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-03- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-04- »

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-06-

←前へ次へ→

 
 のみならず、道路両脇の雑木林にビームが向けられ、旋回しています。走査(スキャン)と呼ばれる動作で、赤外線のレーダがあるのでしょう。
 何という厳重な警備でしょうか。まるで要塞の防衛です。
〈道路脇の土の温度が変です〉
 マムシの指摘を受け、私は透視能力を使います。
 その結果。
 道路両脇は溝状に落とし穴が作ってあります。つまり、センサに気付いて横から行こうとするとそこに落ちる。人間相手の防衛とするなら、ケガをさせても構わない、むしろ危害を加えようとしている風にも見えます。
〈うるさい音を出す機械があります〉
 ネコの指摘。とはいえ人間聴力には何も。
 高周波音響装置。犬猫に聞こえる高周波や超音波を発生し、接近を阻止します。深夜に若者が駐車場等に“溜まる”のを防止する“モスキート音”発生装置はその親類。
 これだけエレクトロニクスが集積している設備、にも関わらず。
「空からだと……」
〈普通の森にしか見えませんね〉
 隠蔽以外の何ものでもありますまい。正体をどう突き止めましょう。この道路を走って来るであろう何かを待つか。
 いや、そこまで悠長な話は必要ない。
「上になければ下か」
〈土の中って事ですか?〉
 私は頷きました。
 そして土に手をかざし、モグラがいればと呼びかけますが応答無し。
 いない?
 ネズミたちはモグラの掘った穴に後から住み着いたりしますが。
〈自分達ここに近づきたくないですし……〉
 ネズミはそう答えました。理由はミミズクと同じで“不愉快な何かが充満している”からとのこと。
 大きな音がしました。
 機械音です。あからさまな人工構造の証。
 イヌには木の裏で伏せているように言い、私は他の動物たちを肩や頭や、載せられるところに載せて木の枝の上へ。
 

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-03- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-04- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-06-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-03- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-04- »