« 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-04- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-05- »

2013年11月 9日 (土)

【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-02-

←前へ次へ→

「不味い?」
 尋ねるおばさん……青年の母親に対し、
「いえ…」
 彼女は首を左右に振った。今、彼女は体調の不良に見舞われている。全身が気だるく、火照る感じがあり、他方で下腹が固まったように弱く痛み、その部位だけ冷感もある。身体全体はぼーっと熱いのにそこだけ冷えた石を抱えたような。
 それらは過去に無い不快な感覚。
 ただ、病気であるという感覚はない。そうであればそうと直感する。一方で恐らくは、例えば傍らの青年に訴えてもすぐには理解されない何か、であろうという確信がある。
 何なのだこれは。
 すると。
「体調崩したか?今回お前さんずっと鈍い感じだぜ。疲れてるんじゃないか?先週はソマリアだっけか。そのせいじゃないか?」
 彼を見る目線に気付いたか、青年が箸を置いて尋ねた。その会話に足を止め注目する店員。青年は手を左右に振って用は無いと示した。
「なの、かなぁ……」
 そうかも知れないな、程度の認識で、彼女はゆるく頷く。そして、首を傾げる。ソマリアというのは参加している国際医療ボランティア、EFMM(European Free-will Medical care Mission:欧州自由意志医療派遣団)の活動で訪れた同国首都モガディシオ近郊。名にしおう激戦地・無法地帯であって、防弾着を着用の上、対空ミサイル背負った傭兵を24時間護衛に立てた。そういう状況なのでスタッフも3日で交代、だったが、その72時間ずっと極限の緊張状態にあったというのが率直なところ。もちろん、殆ど寝ていない。寝るなど怖くて出来ず、一方ひっきりなし運び込まれるケガ人もあり、その対応で疲労や恐怖をごまかしていた部分も。
 空路目を閉じたが、体調を崩してもおかしくないとは思う。青年が心配そうに自分の額に手のひらを伸ばして来る。

|

« 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-04- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-05- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-02-:

« 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-04- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-05- »