« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【120】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【122】 »

2013年11月14日 (木)

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【121】

←前へ次へ→
.
 すると、ちありちゃんは納得したようにビクターからレムリアに向き直った。
「連れてって。空の散歩」
 以下、レムリアが操舵室へ飛ばした指示を、逐一書き出すのは野暮というもの。
「舵はお任せします」
 スロープを登り、通路を歩き、扉を開け階段を上がり、
 甲板へ。
 ふたり、夜空の散歩。
 船が浮き上がり、緩やかに加速しながら上昇し、厚い雪雲を突き抜けてその上、
 雲の海原は、月明かりの中。
 少女二人を甲板に乗せて、船は天空を行く。
 大きくカーブを描き、月の姿を左舷に見、針路は欧州。
 但しこれにはレムリアの意図がある。
 ちありちゃんが言う。
「この感じ憶えてる気がする。どこかで見たような……こういう気持ち何て言うんだっけ」
「デジャヴのこと?」
 緩やかな気流に短い髪を任せて、レムリアは言った。
「そうそれ」
「違うよ。あなたの実際の記憶」
 レムリアはまず言った。それは悲しいことですごいこと。先にも書いたが不明瞭なのはモルヒネの影響。
 それでも憶えているのは、それほどの強い印象。
「少し飛ばすよ」
 シュレーターの舵で船は加速し、応じて出力を増した光圧シールドの金色の光が船体を淡く包み、二人の周囲を数多の光子が舞い踊る。
 そして。
 舷側のロープにもたれ、レムリアは星の世界を見上げた。
 地球の自転速度を遥かに上回る速度で航行するということ。
 応じた速度で星空が巡ること。
 シールドの光周波数を変更すれば、金色の光は無色に出来る。雲より上にあって人工光の影響は皆無となる。
 従って。
「うわ……」
 ちありちゃんが有様に気付いて絶句する。プラネタリウムの場面転換よろしく、冬の銀河を擁した星空が目に見えて天を巡る。白く煙る星の川がコーヒーのミルクのように大天蓋をたゆたい動く。
. 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【120】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【122】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【121】:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【120】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【122】 »