« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【116】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【119】 »

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【118】

←前へ次へ→
.
「具合は如何?ひどいことされたんだから、急いで元に戻ろうとしなくてもいいよ」
 寝しなの子どもに囁くように、レムリアは言った。
 恐怖と絶望の中を彷徨ったのだ。簡単に復古するほど心の傷は軽くはあるまい。
『ああ、やっぱり、天使さんだ』
 ちありちゃんはまず涙声でそう言い。
『私のことをあなたは知ってる。ああ、やっぱり天使さん本当にいたんだよね。そうだよね。テレビが……』
 少し明るい声。しかし、続いた言葉は沈んだ声。
 揺れ動く感情の大きさは、心が落ち着きどころに戻っていない証。
「ゆっくりでいいよ。あなたの話を聞きたい」
 一息おいてのちありちゃんの説明によれば、テレビの報道は彼女の意に反しており、まるで相原学が誘拐したような物言いになっているという。それで相原が逮捕されたのではないかと心配になって電話した、との由。電話番号は、相原学自身が、何かあった時にはと、ちありちゃんの両親に教えていたもの。
 公明正大だからこそできること。いやむしろ当事者の当然の配慮。
『私、ちゃんと他の子ども達と一緒だったとか、日本に連れてきてもらってあの男の人に預けられたとか、ちゃんと話したのに……』
 放送では全てカット。
『お願い天使さん。あの時の天使さんなら私の願いをかなえて。あの人に掛かった疑いを……』
「もちろん。心配しないで。2~3日のうちに騒動は収まるでしょう。約束します」
 レムリアは堂々とした口調で、今だけは天使の気分で即答した。
 自信を持って言える理由は、自分は国家権力と直結だから。
『よかった……』
 携帯電話を頬に当てたまま、床にぺたんと座り込むイメージが浮かぶ。
「天使の権限で。ところで、私はあなた自身が心配なのだけれど、大丈夫なの?」
 レムリアの問いに、ちありちゃんは、夜が怖くて眠れないと答えた。
. 
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【116】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【119】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【118】:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【116】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【119】 »