« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【29】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【31】 »

2013年11月14日 (木)

アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【30】

←前へ次へ→
.
「我慢してはいけません」
 サロンのチーフとバーテンダー氏がカウンターの奥から飛んできた。
「気分を悪くされたようです。タオルと、シーツと、横になれる場所を」
 レムリアはチーフに言った。
「判りました」
 チーフが立ち上がり、そこでジェフ氏と出くわす。二人で何事か相談し、隣接寝台車へ。
「……ドレスを」
 婦人が膝の上で呟いた。
「あなたのドレスを汚し……」
「お気になさらず。私は看護師です。それよりも……」
 言葉を繋ごうとしたその時、婦人が意識を失った。
 バーテンダー氏曰く、婦人がサロンに来て、まずはクスリを飲む水を出したという。それは高血圧のクスリで、バーテンダー氏の母親と同じだからすぐ判ったとか。
「何か関係があるのでしょうか」
 バーテンダー氏が尋ね、レムリアは大きく頷く。血圧が高くて降圧剤の処方を受けている。プラスアルコールの低血圧。
 レムリアはゾッとするものを覚えて脈に触れ、婦人の胸に耳を当てた。
 事態を罵る声。……知らぬ言語だがそうと判る。
 この状況で言うことか……声の方向に目を向けた瞬間、手のひらから心拍がなくなった。
 CA或いはCPA。すなわち心肺停止。
「すいません。この列車にお医者様は現在おられませんか?」
 レムリアは心配そうなバーテンダー氏に向かって尋ねた。
 バーテンダー氏が制服下、ベルトのホルダーに収まったトランシーバに手を伸ばす。
 レムリアは心臓マッサージを開始する。婦人の胸元に両の手を組み合わせて乗せ、体重を掛けて押す。胸骨圧迫式心マッサージ(きょうこつあっぱくしきしんまっさーじ)である。
 その動作に乗客達が事態の深刻さを理解したようである。集う人々に心配が宿り、表情を曇らせる。
「姫様、僕がやりましょう」
.
(つづく)

|

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【29】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【31】 »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【30】:

« アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【29】 | トップページ | アルゴ・ムーンライト・プロジェクト【31】 »