« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-20- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-21- »

2014年3月19日 (水)

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-23-

←前へ次へ→

 
 ガス室扉の操作パネルがスパークし、発煙します。
 警備員がそこを見、ギョッとした顔。
 そこには犬がいます。正確に言うと犬の背中に私がいます。犬に歩いてもらい、通りすがりの機械を片っ端から壊して行きます。こっちの通信中継器がパンと破裂して発煙。そっちの機械がエラーでピー。
「し、死んでない」
 警備員の片方が言いました。警棒持つその手が震え出します。
 もう一人の警備員がものすごい勢いで片方氏の顔を見ます。
「……バカな、バカなこと言うんじゃねぇよ。お、応援を呼ぶ……」
 腕に装着された無線機。
 そこへ口元を近づけようとしたところをネコがひっかきます。
 続いて犬と私が通りすがり、衝撃波が無線機を破壊。
「ううわ加藤!お前……」
 その呼ばれた側の加藤なる人物……片方氏は同様に無線機に呼びかけようとし、凝固。
 死体山積みのコンテナの中からかき分け出てくる犬たち猫たち。
 そしてネズミ。
 ネズミに威嚇させます。懐中電灯に光る赤い瞳、剥き出しの前歯。
「くそっ!」
 加藤なる人物は踏み潰そうとしたようです。しかし足を上げた瞬間にネズミたちが飛びかかる。
「うわっ」
 但し、ネズミたちには、危害を加えよ、としたわけではありません。加藤なる人物が躊躇したタイミングで無線機破壊。
 最初に無線機を壊された警備員が走り出します。
「佐藤どこへ!」
「応援を呼んできます」
「く、くそっ」
 一人残された加藤なる人物も走り始めます。でも私たちにその行方は興味ありません。
 充満する油のニオイ。
 フォークリフトのそれが相応に漏れて溜まった。
「悪いけど破壊します。このおぞましい」
 私は言いました。姿は小さいまま。
 が、私の声聞こえたようです。加藤氏立ち止まりました。
「な、何だと?どこにいやがる!」
「離れて。さもなくば知りません。さぁみんなは集まって」
 

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-20- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-21- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-23-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-20- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-21- »