2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-29- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-30- »

【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-32・終-

←前へエウリーのお話一覧→

 
 誰の目にも触れないということは無い。
「何だろう。この虚しさは」
 ナイアデスが人間サイズに身体を戻して言いました。
 気付いたのです。この組織や工場をこうして破壊したとしても。
 また同じ事を考える者が、マネする者が、必ず出てくるであろうことを。
 私たちのしたことは、正しかったのか。
 括られた男の一人がようやく正気に戻ったか、……最後、唯一の武器なのでしょう、ツバを吐き飛ばしてきます。
 が、バリアをかけてあるので弾き返され己れの顔へ。
「……」
 それは日本語で書けば「くそっ」という悪態ですが、日本語ではありません。
 東洋系の顔立ちですが、異国の者のようです。
 正しかったのか。自問への答えが垣間見えたような気がしました。
 男達のいや増す恐怖。それは……あろう事かシャーマニズム文化圏の抱くそれ。
「日本って、花鳥風月の国、ですよね」
 ナイアデス。
 それは、異国語に対する彼女の認識の表出。
「ええ、だから、でも、それは私たちには手を出せない領域」
 聞いています。“殺処分”された野良の犬猫、しかし慰霊碑があること。
 知っています。食肉加工で屠る時、敢えて人の手で行うこと。無為に殺すのでは無いときちんと意識させていること。
 だから食事の前には“いただきます”。
 そんな国、日本。私の活動エリア。
 それは、恐らく、本当は、幸せだったのかも知れません。
 他のエリアに比して最も、悲しい涙を流さずに済んだのかも知れません。
 動物だけじゃない。昆虫にも、子供が笑顔を見せる国。
 別のヘリコプターが接近してきます。
「小屋の連中が出てくるよ。最も、観念してるけど」
 ナイアデスが言いました。
「ならいいよ。もう、私らの出番じゃない。君たちもありがとうね。終わった」
 動物たちは去るのを見届け、
 私たちもその場から消えました。夜明けと共に。古来妖精の顕現に倣い。
 
けだもののそんげん/終
 

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-29- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-30- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【妖精エウリーの小さなお話】けだもののそんげん-32・終-:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-29- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-30- »