« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-35- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-36- »

2014年7月 2日 (水)

ユカちゃんハテナ王国へ行く【5】

←前へ次へ→

 
 この地は、馬車に乗せられて連れて来られたこの地は、花が食えるのか。
 それこそ図鑑で食用としてあった一部の菊のように。
 そうだ図鑑!ユカは見回したが見つからない。
 その前に、そうやって首を回したらチクチクするのが極めて不快。
「かゆい」
 ユカは首回りをボリボリ搔いた。新しい服着るとよくあることだが。
「あたしの服は?これヤダ」
「処分しました……その、姫が、端的に申しますとゲロを吐かれたもので」
 セバスチャンは言い、バラの花ムシャムシャ食べながら窓を押し開いた。
 風が入り、カーテンや調度が揺れ、音を立て、そして、
 いい匂いが乗ってくる。ユカは思わず立ち上がり、窓の外を覗きに行く。
 森と、草むらの境目が視界の左側にあり、その境目が奥へずっと続いている。草むらは緩やかに波打ち、人々がゴロゴロ寝ている。
 しかしこのいい匂いは何だろう。香ばしくて甘そうで。
 食べたくなるようないい匂い。
「今日は前庭解放日ですので」
 背後足音と共にセバスチャンが言った。
 そして、ユカは、見た。
 人々が草をむしり、そのままむしゃむしゃ食べている。
 根っこの土が付いているところは、さすがにちぎって捨ててはいるが。
 これは、夢ではなく?
 ユカは身を翻す。ベッドの向こう鏡台の上。
 バラを手にする。家で枝差しを繰り返して咲かせているパパメイアン。お母さんがおばあちゃんから切り分けてもらったもの。
 対してこっちのパパメイアン。
「どうぞ」
 花びらを、ちぎって。
 口へ。
 香りと共に広がるさわやかな甘さ。噛む必要を感じない口溶け。
 痛いとか、後から変な味とか、そういうことはなさそうである。
 食えるらしい、この国のパパメイアンは。
 花びらをむしっては食べる。食べられると判った瞬間に急にお腹が減った。
 めくっては食べ、しているうちに、花びらは無くなり、芯の部分。
 

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-35- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-36- »

小説」カテゴリの記事

小説・大人向けの童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユカちゃんハテナ王国へ行く【5】:

« 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-35- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】Baby Face-36- »