« 天使のアルバイト-029- | トップページ | 天使のアルバイト-030- »

2015年10月31日 (土)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生(但し魔法使い)-14-

←前へ次へ→

 
 それは二人同意した話。って中学生に刺激強すぎないか?
 反応はこうだった。
「濃いぃな」
 濃いって何だ。そして。
「すげー。何それマジすげー。婚約済みってこと?」
「うん」
 レムリアは頷いた。
「何年付き合ってるの?」
「もうすぐ2年」
「それでその歳で結婚てすごくね?それとも同い年じゃ……」
「ううん、自分タメだよ。みんなとおんなじ14歳」(タメ:同い年の意)
 おおー。という感嘆の意。
「一気にそこまでってすごいね。あーでもあれか。先生と生徒の恋とか、たまーにあるのと一緒か。ステキかもね。はーあ。自分恋愛経験ありません。この組ガキしかいないので」
 薮原が皮肉を言ったら男子軍抗議。
「おめーみてーなやかましー女、こっちから却下」
「エロしか興味ないくせに」
「エロのかけらもねぇ奴に言われてもな」
 レムリアは笑った。
「あ、ひど!」
「違う違う。あたし通信制で“教室”って経験無いからさ。こんな楽しいもんだったのかなって」
 この物言いにはウソがある。厳密には当初学校に行った。
 しかしクラスメートは王族の娘と距離を取った。要は無視系のいじめなのだが、首謀したのは教員であった。実質異国の勢力であり、王権対抗のため、子供のうちから洗脳しようという企みの一環であった。彼女は超常の感覚で攻撃を感じ取り、逃げるように故国を離れ、身分を隠してオランダ・アムステルダムへ出た。そこでフリースクールに入ったのである。
 そうした背景から“王族”を表に出すのはある種のトラウマ。なので極力避けている。
「へーそーなんだ。自分も転入生ってもっと恥ずかしがって控えめってイメージあったけど……なんか、すごい。溶け込み方が、何だろ、魔法みたい。保育士とか看護師とか凄く相性良さそう」
 

|

« 天使のアルバイト-029- | トップページ | 天使のアルバイト-030- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】転入生(但し魔法使い)-14-:

« 天使のアルバイト-029- | トップページ | 天使のアルバイト-030- »