« 天使のアルバイト-033- | トップページ | 天使のアルバイト-034- »

2015年11月28日 (土)

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生(但し魔法使い)-18-

←前へ次へ→

 
 どうやら当てこすりの悪口を言っていると判る。それは溝口の“波長の違い”を裏打ちした。ただ、同様に探る気は無い。
 必要に応じ、天の意志で開示される。自分の力そういうもんだ。
 恐らく。
「では、解散」
 ノート教科書をカバンに収め、マフラー巻いて手袋をし、溝口を待つ。
「ああ、ごめんね待たせて……」
 いわゆるのんびり屋さんであることは瞭然。その間に教室からはどんどん生徒達が去って行く。
「姫ちゃんまたね~」
「ばいば~い」
「もう、友達になったんだね」
 首をひねって手を振っていたら、溝口が、ぽそっ、と言った。
 寂しそうに。
 少し考えて対応する必要がある。レムリアの抱いた気持ちまずそれ。そして、“天の意志”少し。
「みんなノリがいいね。いい意味ではみ出してると感じるよ。学校ってもっと統制というか画一的なイメージがあったから」
 カバンを手にし、
 イスを、机の中に。
「お待たせ」
 自分を見上げるその笑顔は無理矢理がありあり。
 下駄箱の履き替えでもレムリアが先に終わって溝口を待つ。
 それが彼女にプレッシャーになっているとレムリアは知る。
 学校で求められることに集団の統率というのはあるだろう。そこには自ずと行動速度の下限値があるだろう。この溝口という娘はその下限値以下であるという自覚があるのだ。
「いつも言われるんだ。遅い、って」
 スニーカーを履き、ようやく立ち上がった溝口の手をレムリアは取った。
 細っこく、冷たい感じがあり、柔らかく、筋肉の感触が薄い。低体温、或いはいわゆる血の気が薄いと言われる状態か。どっちにせよ、思春期で脂肪が乗って行きます、という感じではない。
 対し溝口は驚いたようにレムリアを見る。
「相原……」
「姫子か姫ちゃんでいいよ」
「姫ちゃん、手のひら、熱い」
 それはよく言われることで別に驚かない。
 

|

« 天使のアルバイト-033- | トップページ | 天使のアルバイト-034- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】転入生(但し魔法使い)-18-:

« 天使のアルバイト-033- | トップページ | 天使のアルバイト-034- »