2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 天使のアルバイト-041- | トップページ | 天使のアルバイト-042- »

【魔法少女レムリアシリーズ】転入生(但し魔法使い)-26-

←前へ次へ→

 
 もがき逃れようとする彼女を、より一層強い力でレムリアは引き留める。ここは細い彼女と自分とで地力の差が物を言った。
 彼女の心理は良く判る。自分は恐らく、彼女の“女の子に対する気持ち”を知った上で、尚、友達として対応した最初の事例と言うことであろう。
 その友達を誹謗中傷のターゲットにしてしまった。
 
 だからどうした。死ぬほどのことか。
 私は傷などつかない。
 
「消えるなら、一緒に消えましょう」
 レムリアは提案し、学生カバンに手を伸ばした。
「え?」
 溝口の身体から力が抜け、振り返る。この状況でかほど想定外の言葉もあるまい。
 もう飛び降りたりするまい。レムリアは確信を持ってカバンの中のものを手にした。
 軍が持つようなゴツい無線機……を思わせる通信端末。
 衛星携帯電話。
「校則違反で」
 アンテナを伸ばし、発呼。
「私です。昨日の今日で恐縮ですが見えてる座標位置にお願いできますか?……いえ、副長だけの方がむしろ好都合。では」
「どこへ……」
「警察でも、学校でも、PTAでもないよ。風が吹くから降りて屈んで」
 手を伸ばすと、溝口はその手を握って返し、彼女の指示に従った。
 天空西方より流れ来る白銀の流星一閃。
 朝空を横切る流星は学校上空で止まるや、白銀の光を一旦消した。すると程なく、上から吹き降りてくる暴風。
「わっ!」
 バランスを崩して倒れ、ともすれば吹き飛ばされそうになる。
「大丈夫」
 しゃがんだまま抱き寄せ、包む。
 風が収まり、何かが日射しを遮る。
 レムリアは溝口の手を引き、立った。
 船があった。
 中世大航海時代を思わせる、3本マストの帆船が唐突に学校屋上に出現した。
「これ……」
 船体側面に扉が現れて開く。中には神話の女神を思わせる白い装束の女性。
「スロープを出しますか?」
 扉と屋上との間には1メートルほどの段差。
「いえ大丈夫」
 レムリアは溝口の細っこい身体を“お姫様抱っこ”で抱えると、女性の傍らへ運び込んだ。
 

« 天使のアルバイト-041- | トップページ | 天使のアルバイト-042- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【魔法少女レムリアシリーズ】転入生(但し魔法使い)-26-:

« 天使のアルバイト-041- | トップページ | 天使のアルバイト-042- »