2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 天使のアルバイト-086- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-052- »

アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-051-

←前へ次へ→

 

「皆さん、申し訳ありませんが少し離れて下さい。この船は離陸時に暴風を出します」
 レムリアは周囲に声を発した。
 すると、漁船から降りた男性が。
「ねえちゃん」
「はい」
「ありがとうな。また行くんか。“おやしお”はどっか捨ててけ。邪魔だろう」
「でもこの船は皆さんの宝物……」
「エンジンボロボロ、エレキは水被ってパーだよ。むしろモールスで信号もらってありがたかった位だ。ボロ船よりも、それよりも、一人でも多く助けてくれ」(※エレキ=エレクトロニクス。無線など電気備品のこと)
 男性の顔には微笑み。
 ならば。
「はい!」
 レムリアは頷いた。
 そして、船は一陣の風を起こし、雪舞う猛火の海の向こうへ。ここまでで救助計96。犠牲6。

 

 

 春とはいえ北国の3月は夕暮れの訪れ早く、雪という天候もあり船の照明を要求した。
 男達とレムリアは、それぞれに武具を抱えて甲板先端に立った。
 以下、5世帯7名の人々の救助の記録である。
 川沿いの2階建てでは、波間に僅かに出ていた屋根の上、年老いた女性と男性が待っていた。女性は横たわった状態。
 船を横付けし、昇降用スロープを延ばして屋根に下ろす。
「こっちへ!」
 叫ぶレムリアに対し男性は困惑の表情を返した。テレパシーが教える『女性の呼吸がない』。
「ファランクス」
「おう」
 大男二人が応じ、武具を背中に回して甲板から飛び降りる。水面は2階のその屋根ギリギリ。
 一方その間にレムリアは船内を経由して保持ユニットへ回る。
「OK来て!」
 運んで良い。レムリアが言った時、流れに乗って何かが来た。
 イヤホンにピン。
『家庭用プロパンガスのタンクだ。栓は壊れてガスが出ている。危ないぞ』
「レーザ」
『熱で着火する』
「レールガン」
『着弾で一気に高温になる』
 船長の否定語に。

 

« 天使のアルバイト-086- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-052- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 天使のアルバイト-086- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-052- »