2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 天使のアルバイト-093- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-066- »

アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-065-

←前へ次へ→

 

 瞬時に摩擦熱で高温になり一部蒸発し、“水蒸気爆発”に近い様相を呈した。
 爆発音と湯気が立ち、柱のような水がタンカー右舷を衝撃した。
 アルゴ号は反動で船体が左右に振動した。しかし、ラングレヌスが帆膜を動かしタンカーへ水を当て続けた。それは“滝砲”とでも称すべきか。
 タンカーは右舷に水流を当てられ続けた結果、回転して船尾が高台集落、および打ち上がっているアルゴ号の方に向いた。
『エネルギ消失するぞ』
『一撃で押し出せ』
 アルゴ号はタンカーの船尾に最後の一撃となる水の塊をぶつけ、高台から離れる方向に押し出した。
 その時点で、アルゴ号は全ての燃料を失った。
 津波が次第に高度を下げ始める。
 雪が降っていることに、一同はようやく気付く。

 

 

 錨は一本だけ土中10メートルに達し、アルゴ号は引き波に耐えてその地高台に船底を付けた。ただ、高台は地盤沈下の影響もあってか、水に囲まれ孤島状態。救助を求めるのは簡単だが、来られまい。相原によれば、北海道・青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉まで沿岸はすべからく津波の被害を受けたという。このままこの地で夜をやり過ごすのが多分最善。
 駆動力は失ったが、船内を一晩暖房できるだけのバッテリ電力は有している。帆膜は太陽電池であり、翌日晴れればバッテリ充電には充分。
『ビバークする』
 レムリアはそれを聞くと、甲板に出て髪の毛を雪風に晒した。その肌に当たるつぶて冷たさをしてようやく現実感が伴う。船内にいると外がまるでテレビの向こうのよう。それが“今そこにある危機”に対するパニックを遠ざけるという効用もあるのだが。
 集まって来る人々に顔を向ける。釣り客向け民宿であろうか、舟屋を備えた2階建て家屋が3軒。ただ、いずれもどうにか家屋の外形を留めている、と言った方が良く、傾いでいたり1階部分の窓が無かったり。

 

« 天使のアルバイト-093- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-066- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 天使のアルバイト-093- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-066- »