« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-071- | トップページ | 天使のアルバイト-097- »

2017年2月14日 (火)

アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-072-

←前へ次へ→

 

『発砲!』
 ラングが声と共に引き金を引き、タブレット画面が一面真っ白になった。
 レムリアは画面の中を見、操舵室を出、舷側通路から甲板へ駆け上がり、更にマストへ昇って行った。
 画面では情報が限られる。目で見て把握すべきと思ったのである。
 駆け上がると照明弾は火の玉となって空中にあり、タブレットにはマスト頂部のカメラ画像が映し出されていた。ここは小島の状態にあり、船のある側は砂浜。真ん中は小高く山脈のようになっていて木々が見え、向こう側、すなわち反対側の海岸は、ガレキが多数漂着しており、海と地表との境目は見えない。
 その海上には漂う多数のガレキと、縫って走る数隻の小型船があり、その船上に腹ばいになり、身を潜めているように乗っている男達。ラングレヌスの報告通り。
 レムリアは最も高い第2マスト、ラングレヌスの足下に達した。超常の視覚を使う。舟艇の中は慌てている。照明弾を確認し、何事か身振りを交えてやりとり。
 船の針路が変わる。
「逃げます」
『させるか』
 アリスタルコスの声があり、船の前寄り、第1マスト頂部からレーザ光が幾本走る。人体攻撃は不可能だが、その手にした武器類に正確に照準することが可能である。
 驚き、であろうと思われる声が船の方から上がり、人影が次々船から這い出て海へ入る。“あろうと思われる”のは日本語ではないから。
 散り散りになって逃げる気だ。……思った瞬間、予想外のことが起こった。
 照明弾が海面に落下し、覆っていたであろう油膜に着火したのだ。
 厳密には可燃性の気化ガスが表面を覆っていたのかも知れぬ。炎は意志持つようにさーっと馳せて広がり、
 火事場泥棒の者達に悲鳴を生じさせたのみならず、火の壁がこの離れ小島に迫ってくるという事態を生み出した。
 者達の乗っていた漁船が次々に火に包まれ、遅れて爆発する。

 

|

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-071- | トップページ | 天使のアルバイト-097- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-072-:

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-071- | トップページ | 天使のアルバイト-097- »