2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-117- | トップページ | 「天使性」~天使のアルバイト・あとがき~ »

アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-118-

←前へ次へ→

 

 船長の声に答えると、緑色のレーザが出て、横一線の形状。プレゼンテーションでよく見る線状モードの如し。その位置を船長の指示に合わせ、若干上へ、右へ、時計回りに回せ。
『座標を設定した。ゴーグルは付けてるな?』
「しています」
『宇宙遮光モードにセットし、発砲する。指示あるまで動くな』
 ゴーグルをかぶると内側に文字が出る。発砲待機、宇宙遮光。ちなみに、宇宙では太陽の光が大気介さず届くため、非常に強力かつ目に悪い。このため、宇宙服は極めて濃いサングラスが内蔵されている。
『照準固定。極力動かすな。発砲まで3,2,1,0』
 向こうが見えなくなる。が、横一線と同じ位置が一瞬、バッと光ったのが判った。
 ごとん、と落ちる音がし、視界が開かれる。
 右肩あたり、目前に樹脂成形物が転がっており、切断面がどろりと溶けて煙をあげている。三角形のインゴットと化したユニットバスの一部である。
『標的の切断を確認。レムリア要救護者にアクセスせよ』
「はい」
 アタッチメントをベルトに引っかけ、そのまま仰向けで身を捩り、足で蹴って近づく。匍匐前進の腹と背が逆である。ユニットバスに手を掛け、中に頭を入れる。
 白すぎる肌は血行の低下を意味したが、目は意識の光持ってレムリアを見返した。
 和装の寝間着にはんてんを着た女性である。
 レムリアはゴーグルを外した。
「今お助けします」
 アタッチメントをずるずる引っ張ってレーザー銃を引き寄せ、中に持ち込む。
「船長レムリアです。ダクトを切断したく。引き続き照準および発砲願います」
『承知した。先端部の位置を目標に合わせよ』
 緑のラインに沿って切れることは判ったので、ラインを切断面に合わせる。
 自分が盾になって女性の視界を遮り、女性を束縛しているダクトパイプを上下2カ所で切り、落とす。

 

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-117- | トップページ | 「天使性」~天使のアルバイト・あとがき~ »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-117- | トップページ | 「天使性」~天使のアルバイト・あとがき~ »