2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-125- | トップページ | 【理絵子の夜話】差出人不明-4- »

アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-126-

←前へ次へ→

 

「おーい、嬢ちゃーん」
 聞き覚えのある声。
 確かにお世話になったおじさん達である。無事な姿に涙が出そう。
 だが、感傷は今はいい。
「皆さん良くご無事で!お怪我はありませんか!?」
「おお!嬢ちゃん!ありがとうなぁ。言った通り助けてくれてよ!」
 アルゴ号と漁船は隣接した。
「突然銃が溶けたから驚いちまったぜ、ありゃ何だ?」
 FELはラングレヌスが持っている。
「これです。映画みたいな奴と言うことで」
「そうかぁ」
 少し状況を聞く。乗ってきたその船は知り合いの方の船だという。
「これは方浜(かたはま)さんの船だ。あいつら取りやがったんだ」
 船首に立って周囲を見ていた“聞き覚えのある”男性が言った。名は市川(いちかわ)さん。賊は再三の外国人だったという。言葉遣いで判じたとのこと。
「これがあるってことは方浜さんになんかあったってこった。しかし……どこかわからねぇなこれじゃ」
 見回す湾内は地盤沈下に伴う浸水で海岸線が変わり、夥しい数の家屋や車両の残骸が浮いて流れている。
 タブレットで地図を出したら「家はこの辺なんだが」と指を差された。
 その“座標”に目を向けると、津波に襲われ、現在は火の手の中のようだ。海水で消そうにも逆効果なのは、黒くギラギラした油膜が教えてくれる。
「行こみゃあ」
 相原がぼそっと言った。それは唐突な名古屋弁であり不謹慎にも感じたが。
「ここで考えても仕方ない。その間にも時間が過ぎる。まず現場主義だ。名古屋のロケットメーカーがよく言ってた。行くぞ。あさひ丸さんは牽引します。燃料の節約もあるし、多分我々の方が早いかと。これを」
 ロープを出して船を引っ張る。海岸まで1.1海里。相原が準天頂衛星の画像を拾うと言って操舵室へ戻る。
 火災のエリアに近づき輻射熱が痛い。そこは海というより漂う炎の一帯である。ガレキが入り込めば炎があっという間にそれを包むのであろう。だが今は、炎の中に燃えさかる建造物など見えず、ただ海面を火が覆ってうごめいている。

 

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-125- | トップページ | 【理絵子の夜話】差出人不明-4- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-125- | トップページ | 【理絵子の夜話】差出人不明-4- »